【ケーススタディ03】 『家族一体型キューブハウス』が出来るまで

01-min

いつも家族の顔がみえるウッディな都市型住宅

以前は会社の社宅にお住まいでした。お子様が3人いらっしゃるためもっと広いスペースが必要とのことで今回新築することに。

 

・所在地 : 大阪府八尾市
・敷地面積 : 74.04㎡
・延床面積 : 83.44㎡
・構造 木造: 2階建
・工法:  木造在来工法
・坪単価 : 57万円
・建築価格 : 1430万円

 

目次

1、お客様との出会い
2、プランのご提案
3、打ち合わせを重ねる
4、完成したプラン
5、施工を終えて

 

 

1、お客様との出会い

00-min

SUUMOという注文住宅のWEBサイトで当社を見つけていただき、土地をご紹介することからお付き合いが始まりました。

 

 

 

2、プランのご提案

ご要望をもとにヒアリングを実施。
当社でプランを検討した間取と模型をご契約前にご提案しました。

 

☆お客様からのご要望
1.個室4部屋
2.家族の気配を感じれる間取
3.明るいリビング

 

 

3、打ち合わせを重ねる

お客様と出会ってから約3カ月、当社事務所に足を運んで頂き打ち合わせを10回ほど行いました。土地の候補が2,3件あったのですが、その土地ごとのプラン(間取)を提案させて頂き、最終的に決まった土地で5回の修正を経て最終プランが完成しました。

 

 

 

4、完成したプラン

-1F 玄関

02-min

木目調の外壁材でインパクトある玄関。こげ茶色の木目調のサイディングを使った正面玄関部分。玄関天井部分まで同一の仕様に統一することで、目を引くインパクトと奥行きを持たせました。

 

 

-1F キッチン

03-min

使い方色々。奥様のオリジナルキッチン。
食器棚を設置せず、シンプルなキッチンシェルフを採用することで自由なレイアウトが可能に。

 

 04-min

スリット窓で明るいキッチン。
省スペースで充分な光を取り込めるスリット窓をで明るいキッチンになりました。

 

05-min

家事が楽チンのダブルアクセスキッチン。
左右両方からキッチンにアクセスすることで格段に家事が楽になります。

 

 

-1F リビング

07-min

家族の気配を感じる一体感のあるLDK
子供たちが学校から帰ってくると必ずリビングを通って2Fへいく導線になっています。アクセントにウッドシェルフを家具職人に作ってもらいました。

 

08-min

たっぷり収納

扉をホワイトにして存在感を消し、ホワイトクロスを使ったリビングにホワイトの収納扉にすることでリビングを広く見えます。

 

 

 

 

 

 

 

-1F,2F 階段

0014

床と質感を統一した階段

無垢材を使用したフローリングと同じ材料を階段の天板にも使うことで統一感ある空間に。

 

2F 子供部屋

10-min

開放的な吹き抜けとむき出しの梁をアクセントに

ご主人の希望であった吹き抜けを2Fに配置。南側に大きな窓を配置することで明るく開放的な空間になりました。

 

12-min

収納はしっかり確保するけど、存在感はなく。
リビング同様に収納扉はクロスに合わせてホワイトに。しっかり収納は確保しますが、存在感を消して広くみえるように工夫。

 

-2F ご夫婦の部屋

13-min 14-min

 

 

 

5、施工を終えて

ファーストプランでは2FにLDK、1Fに個室でしたが、完成したプランでは奥様のご要望で家事導線を考えて1FにLDKと水周りを配置。そして極力LDKを広くするために個室はすべて2Fに配置することにより、家自体の形が真四角になりました。そうすることで凹凸が減り、コストを下げることが出来てご主人のご要望だったキューブ型の外観になりました。

 

 

 

 

 

 

この記事の施工写真集

家族一体型キューブハウス

八尾市にお住まいのご夫婦とお子様3人の5人家族のお客様。

以前は会社の社宅にお住まいでした。お子様が3人いらっしゃるためもっと広いスペースが必要とのことで今回新築することに。掲載日: 2014年10月28日

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求