現場レポ【枚方☆N様邸】 解体 & 地盤改良工事。サンラータン麺の扱いは慎重に。

 

 

 

 

昨日、ある事件によって『石橋を叩いても渡らないかも』に人生のモットーを変更したスーパー住宅アドバイザーモモジリだ。

 

 

 

 

 

 

突然だが、諸君は、ラーメンを床にぶちまけたことはあるだろうか?

 

 

それは昨日の夜遅くだった。

 

 

22時ごろにやっと仕事が終わり、晩飯を買うためにセブンに寄った。

 

 

 

 

 

出典:http://www.marksign.net/

ちなみにセブンとはセブンイレブンのことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、3年間疑問に思っていたことを問いたい。

 

 

 

 

 

関西では、セブンイレブンのことを『セブイレ』って言うのは本当か!?

 

 

 

 

筆者は、セブンが台頭してきた当時は名古屋にいた。

 

 

 

 

名古屋では、普通にセブンと呼ばれていたので、大阪に帰ってきてから『セブン行こうぜ』って言うと

 

 

 

 

食い気味でツッコミが入った。

 

 

 

 

こんなデータがある

 

セブンイレブンをなんて呼んでる?

 

 

 

なんと、略さない人が日本全体の57%!

 

 

なかなか衝撃的な事実だ。セブンイレブンって長くねーか!?

 

 

 

7文字ならじゅうぶん略される資格があると思うのだが。

 

 

 

つまり日本人の6割は気が長いってことが伺いしれる調査結果だ。

 

 

 

 

 

そして、『セブン』と略す人は全体で36.5%だ!

 

 

 

 

そして注目の『セブイレ』は衝撃の1.8%!

 

 

 

西日本に特定しても3%!

 

 

 

 

 

めっちゃマイノリティーだったセブイレ族。

 

 

 

 

日本のわずか1.8%しかいない少数民族だったことが判明した。

 

 

 

 

 

さらに衝撃的な呼ばれ方もあるようだ。

 

 

『イレブン』(東日本4.2%、西日本0.6%)

 

 

 

えっ!?

 

 

 

 

イレブンて。なんで、あえて後ろのやつで呼ぶかね?

 

 

 

友達感覚ですか!?

 

 

セブンが苗字で、イレブンが名てことか。

 

 

親しい間柄ってこと?

 

 

 

 

 

さらに

『ブンブン』(東日本1.5%、西日本1.2%)

 

 

 

もう、このアンケートが信じられない。

 

 

 

 

話がそれすぎた。

 

このままでは本題にたどり着けない可能性が出てきたので、ここからは駆け足で書くぞ。

 

 

 

話は、夜飯を買いにセブンイレブンに寄ったところだ。

 

 

そこで、私の大好物サンラータン麺を発見したのだ。

 

 

 

出典:http://mognavi.jp/

あの酸っぱ辛いアイツ。

 

まじうまくね!?

 

 

 

 

 

 

迷わず即購入。

 

 

そして、早く食いたくて、お腹が痛くなった時ばりに小走りで帰宅。

 

 

 

やっとの思いで帰宅し、服を脱ぎ、ズボンが足から抜け切るか切らないくらいで

 

 

 

レンジに酸っぱいアイツを投げ込む。

 

 

 

チンして待つこと6分。

 

 

 

できたぜー!

 

 

 

アッツ!!

 

 

 

ボチャッッ!!!

 

 

 

ええええっっつ!!!

 

 

 

写真はイメージです。 出典:http://wave.ap.teacup.com/

そう、サンラータン麺は私の口に一口も入ることなく、床のうえに無残にぶちまけられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかるかね。漂う悲壮感。

 

 

 

 

疲れて帰ってきた空腹なのに、

 

一口も食べれなかったあの感じ。

 

 

 

 

そして、総面積1坪までに広がった油まみれの汁と飛び散った具材。

冷蔵庫や食器棚の壁にも飛び散る汁。

 

今から片付けなければならないあの感じ。

 

 

 

 

そして、家に食べるものは無いため、

 

もう一度コンビニ行かねばならぬあの感じ。

 

 

 

 

例えるなら、

 

 

会社からクビを宣告された時、

 

 

受験に落ちた時に

 

 

匹敵する感覚だ。

 

 

 

 

2017年9月1日 23:15

内股で震えながら、膝から崩れ落ちた。

 

 

 

 

これが人生のモットーを『当たって砕けろ』から『石橋を叩いても渡らないかも』に変更するに至った充分な理由になった。

 

 

 

 

 

着工!

さて前置きが本編より長くなったが、このブログで伝えたいことは、サンラータン麺の扱いでも、セブイレ族が少数派だったことでも無い。

 

 

枚方市のN様邸が先月無事着工に至ったという報告だ。

 

 

 

建物付きの土地を購入されたので工事はの解体からスタートした。

 

 

 

 

N様邸基本情報

・間取りは4LDK。2階建て
・車2台分の駐車場
・家族構成はご夫婦とお子様1人
・キューブ型の外観
・和室、ストリップ階段など

 

完成は来年1月の予定だ。

 

 

 

跡形もなく解体された家

解体前の建物だ。

 

昭和の趣が感じるシブいたたづまいだが、イかせてもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

容赦無い重機の攻撃により、1週間もたたないうちに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

跡形もなく更地に仕上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の持ち主にとっては思い出の詰まったご自宅だった思うが、新しく生まれ変わるには必要な犠牲だ。

 

 

 

致し方あるまい。

 

 

 

 

地盤改良スタート

そして、サンラータン麺をこぼした昨日、地盤改良がスタートした。

 

 

 

地盤調整の結果、地盤が弱いため地盤改良が必要になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地中にコンクリートや鉄の支柱を硬い地盤まで埋めこみ、その上に基礎を施工して建物を支えるという工法だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで着工した枚方市N様邸、完成が楽しみだ。

 

 

 

 

 

続報は、震えて待て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求