現場レポ【枚方☆N様邸】 ゴッドハンドで祝☆上棟。

 

 

 

今日は、当社のゴッドハンドたちの勇姿をおみせしよう。

 

 

 

『上棟』

 

 

 

『ジョウトウ』

 

 

 

腹ペコな諸君はよく耳にする言葉だろう。

 

 

 

 

喧嘩上棟。恋愛上棟。上棟カレー。

 

 

 

 

ジョウトウ違いだが、どれもポピュラーな言葉だ。

 

 

 

 

『上棟』。

 

 

 

それは家の形が一気できる、家づくりの中で節目になる重要なポイント。

 

 

大工さん6、7人で家の骨組を1日で一気に組上げてしまう怒涛風景。

 

 

朝8時くらいからはじめて、昼には家の形ができてしまう。

 

 

上棟を境に、その後は内装、外装、設備などそれぞれ粛々と進めていく。

 

 

 

 

 

コンパで例えるなら、最初は初めましてでぎこちない雰囲気だったが、

 

 

お酒がいい感じにまわってきて会話がはずみ出す開始30〜40分の時点と言ったところか。

 

 

一気にメンバーの一体感が生まれ、全体の盛り上がりは軌道にのり、その心配はなくなる。

 

 

そのあとは、虎視眈々とターゲットの女の子に狙い定めるステップへと進む。

 

 

 

 

 

そんな感じで、先日、上棟を迎えた枚方の家。

 

 

 

 

 

 

雨ニモ負ケズ。

 

その日は残念ながら朝から雨がぱらついていた。

 

 

基本的に上棟は多少の雨で中止はしない。

 

 

最近の材木は、多少の水に濡れても大丈夫。

 

 

 

それよりも大工さんたちが怪我をしない方が重要だが、

 

 

 

そんな心配をよそに雨の中、ゴッドハンドたちはみるみるうちに

 

 

 

組上げていく。

 

 

 

その様子は、まるでレゴブロックで家を作ってるかのように

 

 

 

 

鮮やかに

 

 

 

かつ、手慣れた感じで

 

 

 

グイグイ組み上げる。

 

 

 

 

 

上棟日に雨が降った方が縁起がよい

 

家の中に雨が振り込むことから、「福が降り込む」と

 

 

昔から言い伝えられてるそうだ。

 

 

ポジティブシンキンッ

 

 

 

さらに「家事にならない」とか「永遠の火消し」とも言われている。

 

 

 

えぐいプラス思考な気もするが、感慨深いものがある。

 

 

 

 

柱の上で舞うゴッドハンド

こんなゴツいクレーン車が材木を運んでくれる。

 

 

大昔の大工さんは、1本1本、手で運んでたと思うと、泣けてくるくらい世の中、便利になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーンに柱をパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドラクエのモンスターが持ってそうな、どでかい木づちで豪快にはめ込んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細い柱の上を舞うゴッドハンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補強の金物を装着していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、概ね7、8時間で組上がった。(写真は途中段階だ。完成した状態の写真を撮り忘れた。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、スゴすぎゴッドハンドたち。

 

 

 

だって、

 

 

 

これが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなんできるんやで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぐくない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、外壁、内装工事のレポートだ、楽しみにしてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求