現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】ついにタイル装着

 

梅雨。早く終わって欲しい、はないちもんめ。。

ウグイス今浦だ。

 

 

 

 

 

 

 

高級住宅街にそびえ立っていそうな邸宅感あふれる家。

 

 

 

 

相手にとって不足なし。

 

 

 

 

 

 

 

工事は進む進む

 

つい先日までは、筋張ったボディが印象的な状態。

まだ湯気が出てるほどに、上棟ほやほやだった。

 

 

 

 

あれから2週間。

 

 

 

 

モエン防水シートを纏い、色白ボディに。

水を防ぎ、かつ湿気は通すシートを全身に纏った姿は、まるでパン粉前のフライだ

 

 

 

 

これが邸宅感を溢れさせるタイル柄の外壁材。

若干の油揚げ感をまとったこの外壁材。どれほどの邸宅感を出してくるのか。

 

 

 

おさらいしておこう

 

 

 

トムヤム野坂

茶色一色の外観の理由は?」

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「今回のオーナー様のご要望だ。

それ以上でも、それ以下でもない。」

 

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「そのご要望とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「一般的な外壁材だと、はり合わせる際に必ずでる目地。

これが嫌なので、なんとかならないかと。」

 

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「なるほど、それで!?

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「目地が目立たないように、タイル風の外壁材を採用したわけだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「言えるやん!キミ、ちゃんと言えるやん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「その細かいタイルの柄を縦に貼ることでさらに、目地が目だなくなる!これスゴイね。うんこれスゴイ。」

 

 

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「ほう!!なるほどなるほど!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「そして、高級感がある単色を採用。白、グレー、茶色などなど、いろんな色でパースを作った!」

 

 

 

 

 

トムヤム野坂

「なにーっ!!!それでそれでそれでそれで!!?

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「そして、茶色が選ばれたと言うわけや〜

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりが楽しみすぎて、毎日3食しか喉を通らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この外壁材をイケメン職人が正確にカット、そして貼る。

早く、正確に、そして確実に仕留めるわけや。

 

 

 

 

一方、そのころ室内では、

ノビシロしかない。ボードむき出し状態。

 

 

 

 

 

 

溢れる木感。マーブルなフローリングも絶賛施行中だ。

 

 

 

 

 

その高さ、天井まで。激シブビッグ室内ドアを採用。

今回初めて使う建具。仕上がりが楽しみでしょうがない。洗面入り口に設置中のわが棟梁。

 

 

 

 

 

最高の採光をゲットする吹き抜け。

吹き抜けには縦長のFIX窓を設置しハイサイドからしとどに光を誘導。

 

 

 

 

 

この家のポテンシャル、いかばかりか。

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求