現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】完成目前クールベイベー

 

あ〜夏休み。チョイト泳ぎ疲れ 胸にクールベイベー!

夏の風物詩。チューブ今浦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なチューブの代表曲

「あー夏休み」に一節を使って夏休み感を演出。

 

 

 

 

 

出展:アメブロ

 

 

 

ところで、

クールベイベーって言葉が引っかかる。

 

 

 

「あ〜夏休み。チョイト泳ぎ疲れ 胸にクールベイベー!」

 

 

 

 

ちょいと泳ぎ疲れまでは、ものすご分かるけど、

クールベイベーって何?

 

 

 

 

寒いベイベー?

 

 

 

 

ベイベーは、このシュチュエーションでいうと、女の子や。

場所は湘南のはずやから、そこでナンパした女の子がベイベーか。

 

 

 

 

クールってことは、

おそらくイカした的な意味合いだろ。

冷たい女の子ってのもおかしいから、クールベイベーとはイカした女の子か。

 

 

 

 

 

なるほど。書きながら腑に落ちたが、

 

 

 

 

 

普段、使ってたら引くけどな。

 

 

 

 

「お、あの子、クールベイベーじゃない?」

 

「俺のクールベイベーがさ、、」

 

 

 

 

的な使い方が想定されるが、もっと幅を広げると、

 

 

 

 

 

「なあ、クールベイベー、聞いてる? なあ、ベイベ?」

 

「汝、このクールベイベーを妻として、病める時も、、、」

 

 

 

 

もっと言うと、

 

 

 

 

「今日の仕事は、クールベイベーやったわ」

 

「期末試験でクールベイベー出たわー!想定外!」

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりの暑さで、文体が乱れた盆休み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

邸宅感溢れる家が完成目前クールベイベー

高級住宅街にそびえ立っていそうな邸宅感あふれる家。

 

 

 

 

 

この家がもうすぐ完成する。

 

 

 

 

 

 

 

 

多機能クールベイベーなリビング

多機能なクールベイベーなリビング。

正面には、壁掛けテレビが鎮座する。そして裏には収納を配置したテレビ裏収納というクールベイベーだ。

 

そして気になる右側のクールベイベーは、奥方様が夜な夜な洋装するための、奥方様以外、何人たりとも使用が許されない奥方様専用ミシンカウンターだ。

 

 

 

 

クールベイベーな採光をゲット。吹き抜け

吹き抜けがチラ見。その明るさ天井知らずのクールベイベー。

 

 

 

 

 

見上げるクールベイベーな吹き抜け

マットブラックのシーリングファン。触りたくなる。

 

 

 

 

 

畳クールベイベー標準装備

畳も見えないほどに、クールベイベーな畳コーナー。

工事中なので仕方あるまい。

 

 

テレビの右側にカウンター。

ここは二人のお子様が勉強机クールベイベーとして使う。もう一つ設置する予定なので、喧嘩の心配は無用だ。

 

 

そして特筆すべきは、手前の窪んだスペースには、なんとスリッパを収納できる。

 

 

なんとキメ細かいクールベイベーなのか。

 

 

 

 

 

 

 

3つのクールベイベー

 

LDKに合計3つのカウンターが設置される。

・奥様のミシンカウンター

・二人のお子様の勉強カウンターが2つ

 

リビングに家族全員集合すつつも、各自好きなこともできるという、立体的な空間になるわけだ。

 

 

 

 

 

 

進撃のクールベイベー工事

 

 

 

木感クールベイベー。 

メンディ社長自ら、夜な夜なオイルを塗った一品だ。

 

お隣との間仕切りフェンス。

通行人の目線をディフェンス。

 

 

 

 

パンプアップされたクールベイベーボディの大工Y氏。

いつもコンフォートがお世話になっている大工兼家具職人のY氏。

 

仕上がってるなと思いきや、ファン付きベスト。

 

最近では、おしゃれなファン付きの服も売っているらしい。

 

 

 

 

クラシックなクールベイベーで、邸宅感がここにも。

ただならぬ関係者感をまとった部外者のメンディ社長のお友達の後ろで、ポストを設置するためにY氏が穴を開けている。

 

 

その風合いがいい感じの壁は、ジョリパッドで仕上げた塗り壁だ。

 

 

 

 

実は室内にも塗り壁があるのだが、それは家ツアーで詳細に語っていきたい。

 

 

 

 

 

 

近々家ツアーで語るにも関わらず、勢い余って紹介しすぎた。それほどまでに語りたくなるこのクールベイベー感。豆腐に乗っけたら5丁はいける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クールベイベーで押した真夏に脱力する1本。

家ツアー乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求