現場レポ【京田辺】黒と木の家、ついに上棟

 

明日から オールバックに 口ヒゲや

ボヘミアン・ラプソディ最高すぎてビビる。フレディ今浦だ。

 

 

 

 

 

 

今日の主役

黒と木の御仁。斜めウッドのアシメな髪型からほど走るおしゃれ感。

1FにLDKと吹き抜け、アイランドキッチンを装備。ポーチの斜め具合のおしゃれ感。五臓六腑をかけめぐ るで。

 

 

 

 

そんな家も、ついに上棟の日がやってきた

カルシウムたっぷりの骨格があらわに。

ついに上棟を迎えた。ここから一気呵成に仕上げていく。

 

 

 

 

何もなかった京田辺の一部

キックベースをするのにちょうどいい空き地だった。

びっくりするぐらいの空き地だ。こんなに何もなかった京田辺の一部。

 

 

 

 

 

着工。

 

 

何度も言いたくなる言葉『着工』

 

 

このくだりは前回のブログで紹介しているのでチェックしていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

容赦なく基礎を仕込む

家の基礎だ。人の家も基礎が大事。

 

 

 

 

 

この幾何学模様。ナスカの地上絵に採用予定。

木の土台を敷く工程に突入。すでに足場の設置済みだ。

 

 

 

 

 

 

 

ぐいぐいのごいごいに組み立てる

 

 

 

 

 

宙を舞う職人。すでに忍者の風格だ。

 

 

 

ごっついハンマーでどついて、柱を組む

 

 

 

振り向いたら1F部分ができてる。ほど走る作業の速さ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな家の上棟が完了

 

 

 

 

 

 

 

 

フレディになりたい。41才。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求