現場レポ【京田辺】ダルマさんが転んだ感溢れる進捗。

 

二年越し 有馬旅行 まさか雨

ごきげんよう、アリマ・デ・今浦だ。

 

 

 

 

 

黒と木の御仁

斜めウッドのアシメな髪型からほど走るおしゃれ感。

1FにLDKと吹き抜け、アイランドキッチンを装備。ポーチの斜め具合のおしゃれ感。五臓六腑をかけめぐるで。

 

 

 

絶賛、工事中。

絶賛施行中の黒と木の御仁。そんな死闘を繰り広げる戦場最前線に潜入する。

 

 

 

フローリング施工

やっぱ時代はオークやで。

無垢フローリングを施工開始だ。ワインやウイスキーの樽に使われていたという上品な風合いのオークをチョイス。

 

 

 

必要な長さを測って、

 

 

バッサリ切断、

 

 

そして貼る!

 

 

これを煩悩の数だけ繰り返す。

棟梁自ら一枚一枚丁寧に貼っていく。

 

 

 

 

チーム床暖

戦場に投入されたチームユカダン(チアダン的な言い方)

チアダンスは出来ないが、床暖施工なら世界レベルのチームユカダン。

 

 

 

民の憧れ三年連続一位『床暖』(コンフォート調べ)
アッタカホッタカ
リビングを目指して。

 

 

 

 

内装工事だって真っ最中

ズイズイ工事は進む。ベイベ。

日当たり良好。明るいLDKになりそうなこと山の如し。

 

 

 

ぶっこまれた断熱材たち。

この猛者たちのおかげで外界と部屋を断絶し、住みやすくしてくれる。

 

 

 

吹き抜けから下界を見下ろす。

民の憧れ五年連続二位『吹き抜け』(コンフォート調べ)

 

 

 

 

 

一方、外では

絶賛、防水シート施工中。

外壁の間に貼り、水の侵入を防ぐ重要なミッションが始動中。

 

 

 

着々すぎるほどの進行。

 

振り返ったら工事が進んでる。

『ダルマさんが転んだテイストを帯びた進捗』には、我がチームながら脱帽するしかない。

 

溢れる『たまに会う甥っ子の身長感』

 

 

 

 

 

今夜もこの家から目が離せない。

 

 

 

この記事の施工写真集

濃紺と木目のそびえる家

濃紺と木目ツートンの外観が特徴的な家。 駐車場2台分を確保するため、3F建てにし、室内のスペースを確保しました。 内装も濃紺と白で統一。1Fはご夫婦でDIYで楽しむためフリースペースにし、
資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求