現場レポ【箕面☆K様邸】 着工12年、一緒に飲みませんか?

 

 

みんなで行こう、明日は選挙。キャスパーモモジリだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面の家が、しなやかに着工。

 

 

 

着工。

 

 

 

 

何度聞いてもいい響きだ。

 

 

 

お問い合わせから始まって、

 

 

設計プランを何度もやりとりし、

 

 

その後にやっとおとづれる『着工』

 

 

 

 

何度経験してもグッとくる。

 

 

 

 

 

 

何度か言っておきたい『着工、着工、着工』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイスキーの銘柄にもなりそうな、味わい深い言葉だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞こえる、俺には聞こえるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

客:「マスター、着工12年。ロックで。」

 

 

 

マスター:「お客さん、着工12年はストレートで飲むのもおすすめですよ。」

 

 

 

客:「えっ、ストレート?」

 

 

 

マスター:「本当に良いウイスキーはストレートで飲んだ方がうまいんですよ。」

 

 

 

客:「へー、そうなんだ。じゃあそうするよ。マスターのいうことなら間違いないしね。」

 

 

 

マスター:「またまた、うまいこと言ってー。そんな事言ってもまけませんからね。あはははっ」

 

 

 

客:「そうだよね!はははっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、それは『着工』。

 

 

箕面の国定公園が見えるこの神々しい土地でついに着工したのだ。

 

 

どうだ、この生い茂る緑。

 

 

植物のジャンル的に南の島感をしとどに感じるが、ここは箕面だ。

 

 

 

家のスペック

・5LDK
・LDKは24帖+和室が3.7帖
・天井高3mのリビングは3面ガラス張り
・スキップフロアー
・ストリップ階段
・広い玄関ホール
・2ボウル洗面化粧台
・3箇所トップライト
・アイランドキッチン

 

 

 

えぐいスペックだ。

 

 

 

 

メジャーリーガーで例えるとイチローと言ってもいいくらいだ。

 

 

 

どうですか!?

 

 

 

この走攻守、備わっている感。

 

 

 

 

 

一般の家ではなかなかない、2ボウル式洗面台。

 

 

 

 

 

 

驚きの3面ガラスばりのLDK24帖。

 

 

 

 

 

 

 

そして、驚異の天井高3m。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり楽しみな外観

そして何よりも楽しみな外観デザインだ。

 

 

コンフォートのおハコ、立体的な外観デザインがしとどに出ている。

 

 

 

 

白系の色をベースにアクセントととして藍色のタイルと使う予定だ。

 

 

 

 

本日は、地盤改良工事

そんな家も最初は土地をしっかり仕上げることからだ。

 

 

 

乾式柱状改良という方法で改良する。

 

 

 

 

 

ざっくり言うとこうだ。

 

 

 

写真に写っている重機で穴を開け、出てきた土に固まる材料を混ぜて穴に戻し固める。

 

 

 

これを必要な数だけ繰り返し、強固な土地に生まれ変わらせる。

 

 

 

 

 

 

するとコンクリートの柱が何本か埋まったような状態なるというわけだな。

 

 

 

 

 

前回の枚方の地盤改良でも言ったが

 

 

 

 

 

『家と歯は土台が大事』

 

 

 

 

 

 

だぞっ。UQモバイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が待ち遠しくて、毎日8時間しか寝られない。(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求