現場レポ【モノトーンの四角い家】骨ばった体を成す

 

上棟は 家づくりの 成人式や〜

彦摩呂に憧れるウグイス今浦だ。

 

 

 

 

 

 

 

肌寒くなってきたこの9月。

魅惑的なニューカマーの登場だ。

 

 

 

 

 

 

モノトーンの四角い家

黒とグレーのキューブを組み合わせた

ご夫婦とかわいいベイビーが住む愛の巣は、いささか幸せ色が激しいので、家はモノトーンで決まりだ。

 

 

基本情報を叩き込む

  • 2階建3LDK+WIC
  • 玄関シューズクローズとコートかけ
  • 玄関ダブルアクセス
  • 大型土間
  • テレビ裏のバックヤード
  • L型キッチンパントリーつき
  • リビングカウンターテーブル
  • 室内干しのための広い洗面室
  • 駐車場3台分は止めれる広い土地

 

 

 

そんなニューカマーも上棟の日を迎えた

 

 

 

 

 

 

何もなかった更地が、振り返れば、

こんなにも、何もなかった更地が、

 

 

 

 

 

 

基礎が作られ、

 

 

 

 

大工が宙を舞い、

 

 

 

 

 

柱を次々に組み立て、

 

 

 

 

1日で、

 

 

 

 

すじ張ってはいるが、家の体を成した。

 

 

 

 

 

このくだり、毎回、毎回やっていて、飽きられている可能性も多分にあるところだが、

やり続けることに意味がある。

 

 

 

 

 

 

 

オレには見える、見えるぞ。

家の構造は、あまり仕切りがなく、掃除や片付けがしやすい世の奥様方にすり寄った設計になっていることを。

 

 

 

 

意識が曖昧なるほどに、完成が楽しみだ。

 

 

 

 

 

関連記事

現場レポ【モノトーンの四角い家】肉付くいい家。

今にも外壁材を貼りそうな感じにまで仕上がった外観。中身はまだまだ筋張ったボディだが、工事は進んでいる。孤高の棟梁自ら施工するフローリング工事。残像しか見えない早技、かつ確実に配線する電気工事。

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求