実例で見る中庭 その2『ペット仕様?シンボルツリーは何を植える!?』

 

逃げるのは 中庭しかない 嫁の圧。

ウグイス今浦だ。

 

 

 

 

 

 

『実例で見る中庭』の続きだ。

 

 

気になる前回はこちら▼

 

 

 

お猫様対策

 

 

前回も紹介したが、猫様7匹と同居されているオーナー様。

 

 

 

オーナー様:

「人間だけでなく、猫たちも自由に中庭で遊ばせてやりたい!」

「そうは思いませんか!??」

 

 

 

 

 

猫様:

「そうだ!そうだ!」

 

 

 

 

 

ご家族様:

「てゆうか、中庭って、猫逃げへんの?」

 

 

 

 

 

 

猫様:

「ビクッッ!」

 

 

 

 

 

 

オーナー様:

「確かに。」

 

 

 

 

 

 

猫様:

「に、逃げるわけないじゃないっスか。」

 

 

 

 

 

 

ご家族様:

「自分ら、どこでもすり抜けるやん。」

 

 

 

 

 

 

猫様:

「いやいや、大丈夫ですって。小生に限ってそんなことないですって。議論が深まってませんやん。」

 

 

 

 

 

 

オーナー様:

「いや、無理ゲーっすよ。先輩。」

 

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「オーナー様。諦めるのはまだ早いっす。

ジブン、ソレ、できるっス。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実例でご説明いたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軟体な猫。すり抜けて逃げる?

078

ルーバーを採用。この隙間から抜け出せるのは、一反もめんだけ。

 

 

 

 

 

驚異の身体能力を持つ猫。ジャンプして逃げる?

この高さを超えれるのは、舞空術を身に着ける以外ない。

 

 

 

 

どこでも入っていく猫。床下から逃げる?

1

床下は基礎のコンクリートで、しっかり囲ってある。ハツるしかない。

 

 

 

 

そんなこんなで猫が遊べる中庭が誕生したわけだ。

 

 

 

 

 

 

何の木(シンボルツリー)を植えるかね!?

 

 

出展:バース様

 

 

オーナー様:

「せっかく中庭をつくるんだからシンボルツリーを植えたい!」

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「お家の雰囲気が劇的に良くなりますよ。」

 

 

 

 

オーナー様:

「どんな木を選ぶべきなのかしら?」

 

 

 

 

ウグイス今浦:

「まずは、落葉樹と常緑樹にどちらにするか決めましょうか?」

 

 

 

 

オーナー様:

「ポカーン。」

 

 

 

 

 

 

 

落葉樹、常緑樹

 

小学校で習ったような気もしますな。

 

人生において、落葉樹と常緑樹なんて1ミリも関係ないと思っていた。

 

シンボルツリー選びでは、かなり大事なポイントだ。

 

 

 

 

落葉樹とは?

一般的に夏に葉をつけて、冬には葉が落ちる種類のこと。

 

 

 

 

常緑樹とは?

1年中葉っぱをつけてる種類のこと。

 

 

 

895A1063ちなみにこの写真の木は常緑樹のシマトネリコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを理解した上で、

 

 

 

木を植え、育つと木陰ができますわな。

 

 

そう、

落葉樹にすると、

夏は日差しを遮り、冬は葉が落ちて日差しをゲットできる。

 

 

 

常緑樹にすると、

年がら年中葉っぱがあるので、一年中木陰ができる。冬でも葉っぱあるので見栄えはよろしい。

 

 

 

 

 

 

実例でご説明いたしましょう。

 

 

 

 

 

 

1455837_802464199840133_5518389623061164612_n

このお家では、冬の日差しを確保するため

落葉樹のアイダモをご提案。

 

 

アイダモは寒さに強く、見栄えがよく、適度な柔らかさがあり風に揺れて動きがあり、シンボルツリーにはうってつけのスゲーやつ。

 

 

当社では、だいたい次の三種類から提案させて頂いている。

 

 

落葉樹なら、アイダモ。常緑樹なら、シマトネリコや、ソヨゴ。あとはアクセントとしてモミジも提案することがある。

 

 

 

 

 

シンボルツリー選びの結論

見栄え、目隠し、木陰、どれを重要視するかが大事だというわけや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

081

 

中庭は、やっぱりいい。

 

 

 

 

 

こんな中庭を欲しい方は、今すぐウグイス今浦に相談だ!

アディオス。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

実例で見る中庭 その1『広さは?プライバシーは?家族の気配を感じる媒介!?』

中庭の 秘めポテンシャル 八村級。ウグイス今浦だ。今日は『みんな大好き中庭』がテーマだ。中庭の、その驚異的なポテンシャルの全貌を明らかにする前代未聞の試みを実施する。中庭と聞くと、多くの人は青空の下でコーヒーを飲んだり、BBQしたり、そんなイメージを抱くのではないだろうか。

この記事の施工写真集

中庭で家族がつながる家

兵庫県宝塚市のご家族6人と愛猫7匹が暮らす二世帯住宅。6畳の中庭を中心に各部屋を配置し、中庭に面した窓を通して家族と猫たちの気配をいつでも感じられる家です。

広々としたキッチンか

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求