全部見せます!!【家ツアー】第1弾『角度によって表情が変わる家』

04

さて、今週から始まった

『全部見せます!家ツアー』シリーズの第1弾だ。

 

このウェブサイトにはもともと施工事例のページが存在するが、写真メインで詳細な解説はなく、どちらかと言うと初めてアクセスしたお客様用にザックリと家の雰囲気を眺めてもらうという趣旨だ。

 

それに対して『全部見せます!家ツアー』シリーズでは、1つ1つの写真に説明をつけて、家の全貌を把握してもらい、少しでも当社の家づくりを疑似体験、もしくは想像してもらえればと思いスタートしたというわけだ。

 

そんなわけで、第一弾 兵庫県神戸市 『角度によって表情が変わる家』を詳しくみていこう。

 

基本情報

・所在地:  兵庫県神戸市
・敷地面積: 192.45㎡
・延床面積: 93.96㎡
・構造 木造: 2階建
・工法: 木造在来工法
・坪単価: 53万円
・建築価格: 1,500万円

 

 

ご要望

オーナー様が最初にご提示された大筋のご要望がこれだ。

 

1、2台分の駐車場

2、吹き抜け

3、ウッディな内装

4、キッチンからテレビがみれる配置

 

さて、これをどう料理したか、外観から順番に見ていこう。

 

 

外観は、お得意の白と茶でキメる

 01

うーん、シブい。

 

撮影時はあいにくの曇り空、& お隣の工事中のブルーシートが残念だが、独特のデザインになったと自負している。

 

当社が大好きな白と茶色でせめた一品だ。

 

さて、ここでお客様ご要望の1つめ『2台分の駐車場』。角地で見晴らしがよく車も止めやすい立地だ。

 

 000

タイトルの『角度によって表情が変わる家』とはよく言ったもんだ。

 

右下写真なんて、別の家感がハンパない感じに仕上がっている。

 

帰ってくる道によっては『自分家だと分からない可能性があるリスキーなデザイン』になってしまったのは、いたしかたあるまい。

 

 

 

06

ウッドデッキ。

これは、夏には重宝するヤツだ。

 

ここでBBQするには、ご近所の視線にさらされるため強靭な精神力が必要になるが、ビニールの日よけをつければ、目隠しにもなり最高の空間になるだろう。

 

 

 

 

では、中に入っていこうか

05エンジのインパクトある扉を開けるとその先には、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07玄関ホールだ。

なかなかの広さがあって、ゆとりのあるスペースだ。

 

そして、ご要望2番目のウッディさの片りんを見せているところもにくい。

 

 

 

08

家に入ってすぐに手洗いがあるのもうれしい。

 

その横の扉をあけると、

 

 

 

 

09

1階のトイレだ。

お腹が痛くてダッシュで帰って来た時に、玄関あけてすぐにトイレがあることに感謝することだろう。

 

 

 

 

 

 

 

12

そして階段の奥のFIX窓から見えるのは、紅葉だ。

 

もうすこし大きくなったら、秋には自宅で紅葉が楽しめる神戸の京都なんて言われることになるかもしれない。

 

この記事を書いてる時点で、完成から10か月ほどたっているから、今年の秋にはキレイな紅葉になっていることだろう。

 

 

 

 

 10

反対側からみた玄関ホールはこんな風だ。

 

ストリップ階段なので、閉そく感がでない。

 

そして玄関扉の横には、

  

11収納スペースだ。

靴や傘、そしてベビーカーなど大きなものもしまっておくことができる

 

玄関まわりに物が散乱せず、スッキリさせておくことができる優れ物だ。

 

 

 

いざ、リビングに突入

13

はい、ウッディ

 

ドアを開けると、職人手作りの造作家具が目に飛びこんでくる。

 

ここにはテレビを置く予定だ。

 

 

14

 奥にはダイニングがある。

そして、上にチラッとみえてるのは、

 

 

 

 

 

16

泣く子もだまる吹き抜けだ。

 

お客様が注文住宅にするからには、絶対に欲しいと言わしめた、あの吹き抜けだ。

 

むき出しの梁が、いい雰囲気じゃあないか。

 

 

18

そして、左には畳コーナー

畳でゴロゴロしたいのは日本人共通のようだ。

 

 

 

 

15右にはダイニング

2段カウンターは奥様のご要望だ。

 

ここに電話など、物を置く予定だそうだ。

 

 

 

 

キッチンに潜入

19

奥には、勝手口がありゴミ出しや、買い物して荷物を入れるのに便利なヤツだ。

 

当社の家には、ほとんど設置している。

 

17

キッチンごしに見えるウッドデッキ

写真ではわかりづらいが、木目調のフローリングと一体感がありリビング延長しているように見える。

 

そして、奥様の必須のご要望。キッチンからテレビが見える配置

 

これまた写真では分かりにくいが、飾り棚の隣にテレビが置かれる予定だ。

 

 

20反対側を向くと、白い扉の収納スペースがあり、隣のドアは玄関につながっている。

 

そして、左に見えている白いドアの向こうには、

 

 

 

 

21

洗面所だ。

白を基調というか白一色のシンプルな雰囲気だ。

 

 

 

 

 

22お風呂

これも白一色でシンプルに仕上げた。

 

 

 

 

 

 

 

2階をみてみよう

232階にいこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

242階にあがって、右側には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25かわいい共有デスクだ。

 

お子様が勉強したり、ご主人がパソコンしたり、家族共有のスペースになっている。

 

 

 

 

 

 

 

26吹き抜けに面してるので、見晴らし最高だ。

 

シーリングファンもついている。

 

 

 

 

27

そして、デスクの他にも、共有スペースにはクローゼット

 

しかもウォークイン

 

歩いてインするヤツだ。

 

 

 

 

28広々スペース。

 

ここにも、ウッディ感は忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

292階用のトイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども部屋はどうなってる?

30

子ども部屋に入ってみる。

ここも白と木のシンプルデザイン。

 

ん!? よく見るとドアが2つある!?

 

 

 

31

確かにドアが2つある。

どっちを開けても廊下だ。

 

実は、お子様が2人できたことを想定して、セパレート式の部屋にしたというわけだ。

 

2人目ができるまでは1つの部屋として使い、生まれたら間仕切りをつけて部屋を分けるという戦略。

 

 

32そして、ご夫婦のお部屋

 

 

 

 

 

 

34バルコニーだ。

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがだっただろうか【全部見せます!家ツアー】シリーズの第1弾。

 

なかなかのロング版になってしまい、ところどころコメントしにくい普通すぎる写真もあったが、全貌をみてもらいたいのでいたしかたあるまい。

 

当社の家づくりを少しでも想像して頂けると嬉しい限りだ。

 

次回から、さらに間取り図も加えた事例を紹介予定だ。

 

期待してくれ。

 

 

この記事の施工写真集

角度によって表情が変わる家

兵庫県神戸市の見晴らしの良い角地に新築した家です。

当社が得意とする凹凸のある立体的な外観デザインで、白と茶色の外壁材を組み合わせて、見ごたえがあり、長く住んでも飽きない『見る角

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求