全部見せます!!【家ツアー】第4弾 『自然の中のハコ型ハウス』その2

19-2

 

さて、前回は1Fまでツアーしたので、2Fに潜入だ。

 

 

▼1Fの様子は前回の記事を参照くれ。
【全部見せます!! 家ツアー】第4弾  『自然の中のハコ型ハウス』 その1

 

 

 

17

ぐいぐい行くよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方はユー次第。家族共用のフリールーム

18-1

18

階段を上がって、ふぁっとなるスペース『家族共用フリールーム』だ。

 

右側はシェルフ兼カウンターだ。

 

荷物を置いてもヨシ。勉強机にしてもヨシ。寝てもヨシ

 

 

親も子供も自然と集まる場所にしたいという要望から実現した空間だ。

 

 

18-2

こんな感じで集まることを期待してやまない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20そして左奥には、ご主人の書斎スペースだ。

 

ここで読書したり、パソコンしたり、使い方いろいろ。

 

 

 

 

 

 

 

19そして、さっきからものごっつ気になるハシゴを登るとロフトがある。

 

 

ここは主に収納として活用されるとのことだが、一人になりたい時にも有用だ。

 

 

 

20-2

どうでもいい情報だが、ハシゴは当社アドバイザーの今浦が自ら組み立てた一品だ。

 

びっくりするくらい汗ダクで作業していたのが印象的だ。

 

 

 

 

 

 

2Fの癒しスペース、おトイレへ

21-3

21緑色が鮮やかなトイレ。

 

過去のブログ『色によって気分が変わる!?『部屋に合わせた色選び』 その2』で登場した、夫婦喧嘩にも効果絶大!怒りが収まるトイレ(仮)だ。

 

 

 

 

 

愛の巣。ご夫婦の寝室へ

22-1

22

淡いブルーが特徴の落ち着いたご夫婦の寝室だ。

 

筆者のよからぬ妄想が始まる前に次に行こう。

 

 

お子様たちの部屋へ

231

25-1

信号をイメージしたという3色クロス。

 

独立型の3部屋だ。

 

青だけ写真の角度が違うのが気になって仕方がないと思うが、ご了承いただきたい。

 

誰がどの色の部屋にするか、子供同士で骨肉の争いが繰り広げられる様子が目に浮かぶようだ。

 

 

まとめ

さて、いかがだっただろう『自然の中のハコ型ハウス』。

精悍な顔つきの外観とは違って、奥様やお子様たちの意見が反映されたであろうかわいらしい内観のギャップが萌える家だ。

ぜひ家づくりの参考にしていただきたい。

 

 

 

 

 

関連記事

自然の中のハコ型ハウス

全部見せます!!【家ツアー】第4弾 『自然の中のハコ型ハウス』その1

直線・近代的なデザインなので目立つのだが、それでいて目立ち過ぎない感じがすごく良い。自然界の有機的曲線の中で、水平・垂直のラインは、人の目に新鮮でインパ、、、

この記事の施工写真集

eye

自然の中のハコ型ハウス

和歌山県海南市のご家族4人で暮らす家。緑豊かな大自然の中で立体的で白と茶色の外観デザインが印象的な家になりました。

階段を上がったところにある空間は、お父さんは読書、子供たちは勉

資料請求はこちら
友だち追加数
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求