全部見せます!!【家ツアー】第5弾 『中庭とカーテンのいらないリビングの家』その1

00-2


『全部見せます!家ツアー』シリーズ
の第5弾だ。

 

 

1つ1つの写真に説明をつけて、家の全貌を把握していただく企画だ。

 

 

『ざっくり家の雰囲気を知りたいんスけど!?』というせっかちな人は、施工事例のページを見てくれ。

 

 

そんなわけで、『中庭とカーテンのいらないリビングの家』を詳しくみていこう。

 

 

基本情報

・坪単価:  52万円
・建築価格:  2100万円
・所在地:  大阪府八尾市
・敷地面積: 142.84㎡
・延床面積: 133.62㎡
・構造:  木造
・工法: 木造在来工法
・階数: 2階建

 

間取り

madori1

 

madori2 

 

 

外観: 真っ白シンプルで、潔い

02-2

キマりすぎた白一色の外観。

 

住宅街でひときわ映えるデザインだ。

 

窓の面積を少なくして生活感を無すことによって精悍な雰囲気になっている。

 

 

01-2

別の角度から見たショット。正面と違って立体的だ。

 

こちら側から光をブッこんでいるので室内にはすこぶる明るい。

 

 

01また別の角度から。

 

 

 

 

 

 

 

 

03外観もう一発。

コンフォートお得意の『見る角度によって表情が変わる立体デザイン』だ。

 

 

 

 

04メタル感あふれるシャッターは男心をくすぐってやまない。

 

 

 

 

 

 

 

05門扉までメタル仕様のアルミ格子だ。

 

ひゃっこい感じがたまらない。

 

 

 

 

 

 

05-2そして門扉横の縦長のスリット穴を作ることによって、玄関からの光が漏れ、間接照明として外観を演出する。

 

 

 

 

 

 

07玄関だ。

 

ドアまでアルミで統一だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

08

左手には石畳風の外壁が客人を迎え撃つ。

 

 

 

 

 

 

09見上げたところには、いい感じに木目が浮き上がったウッドの天井に関節照明だ。

 

 

この時点で客人のテンションマックスだろう。

 

 

 

10そして足元には、小窓を配置。

 

昼は光を取り込むため、夜は室内の明かりが玄関の足元を照らす優れものだ。

 

 

 

 

 

11さて、行くか。

 

 

 

 

 

 

 

12パカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関: なんでも飲み込む大容量のシューズクロークがもはや小宇宙

13-2

 

14

玄関に入ると、2つの入り口が目の前に。

 

2つある理由は後ほど説明しよう。

 

その中は、

 

 

 

 

 

 

 

16広すぎたウォークインシューズクローク。

 

そしてカーテンを開けると、

 

 

 

 

 

17はい、アウトドアグッズー

 

 

 

 

 

 

 

 

18靴屋のように靴が並ぶ驚きの収納力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19さて、出ようかと思ったらドアが2つ。

 

 

つまり、こういうことだ。

 

 

外から帰ってきた時は靴を履いてまま、

 

右のドアからシューズクロークに入り靴を脱ぐ。

 

左のドアから室内に入るという仕組みだ。

 

 

スゴくね!?

 

 

 

20玄関ホールだ。

 

スリッパ入れが、ギザカワユス。

 

 

 

 

 

21

このドアの向こうにあるのは、おそらくリビングだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、メインディッシュの時間だよ。

 

 

 

 

 

リビング: 木、光、ときどき和

22-2

 

22

 

うぇ〜い。

 

濃い木目ウッドと白のコントラスト。

 

それに旦那さんが見つけてきた囲炉裏風のテーブルがマッチしすぎ。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

23-2

オーナー様とレポーター星崎がおしゃれベり中。

 

 

 

 

 

 

23-4

姫登場。

 

 

 

 

 

 

 

23-3リビング=運動場。

 

 

 

 

 

 

 

23-5姫たちが走り回って、ズレた畳をなおすご主人。

 

エンドレスフォーエバー。

 

 

 

 

子供たちが走り回れる家にしたかったと言う奥様。その通りになりました。

 

 

 

23そしてテレビの下には

 

DVDプレイヤーがすっぽり収まる穴を配置して、テレビ台不要のスッキリビング。

 

 

 

これはオーナー様のご要望があり、現場で大工の棟梁:元山さんが作ってくれたものだ。

 

 

 

 

24ん!?

 

テレビの右側にのくぼみは何!?

 

 

 

 

 

25テレビの裏に空間が!?

 

 

 

 

 

 

26なんと、収納だった。

 

そして、スマホなどあらゆる電化製品の充電スペースにもなっている。

 

 

 

 

 

 

 

27リビングの裏にこんなスペースがあるなんて、衝撃的な間取りだ。

 

 

 

 

 

 

 通常なら少しでも広くしようとするところだが、

 

 

逆にテレビを壁掛けにして、テレビ周りの物を裏側に隠すことで物がないスッキリとしたリビングに仕上げたというわけだ。

 

 

 

28キッチン方向へのショット。

 

 

左側には中庭。奥にはキッチンだ。

 

 

 

 

 

 中庭: カーテンがいらないリビングを手に入れろ

29-2

 31

『カーテンが入らないリビング』オーナー様のご要望だ。

 

 

 

中庭から入る光でリビングはものすごい明るい。

 

そして中庭には外壁があるのでプライバシーも確保している。

 

つまりリビングにはカーテンが必要ないというわけだ。

 

 

29

そしてこれを見てくれ。

 

手前がリビングの天井。

 

窓を挟んで、中庭の右側の天井だ。

 

ウッドツライチ。

 

 

 

40まるで中庭とつながっているかのように錯覚し、リビングが広く見えるという手法だ。

 

フローリングも同様だ。

 

 

やるぜ!ウチの設計士。

 

 

 

32さて、中庭に突入しようか。

窓の鍵を、、

 

ん!?

 

窓の鍵は、、

 

 

 

 

 

33

 パカリ。

 

細かいところまでイチイチかっこいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

35さらにこの窓はペアガラスだ。

 

ガラス2枚の間に乾燥した空気を挟んでいる。

 

断熱性があり、結露を防ぐ効果がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、中庭に転がりでる。

 

 

37

 

ビバ!開放的!!

 

 

38みあーげてーごらんー

 

空が眩しい。

 

 

 

 

 

39

2階から見るとこんな感じだ。

 

 

 

 

 

 

 

39-2

家族でゆったりできるスペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39-3

一人になりたい時も使える中庭。

 

 

 

 

 

 

 

あまりの超大作のため続きは次回だ。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

全部見せます!!【家ツアー】第5弾 『中庭とカーテンのいらないリビングの家』その2

世の奥様方が気になってしょうがない、女の城、キッチンに突入だ。まず、目を引くのがド真ん中に鎮座するダイニングテーブルだ。これはオーダーメイドのテーブル、、、

この記事の施工写真集

中庭とカーテンのいらないリビングの家

大阪府八尾市のご家族4人で暮らす家。住宅街の中に真っ白で潔さを感じるデザインがひときわ目立つ家になりました。

玄関を入ると大きな収納スペース兼、シューズクロークがあり、大量の靴、

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求