全部見せます!!【家ツアー】第8弾 『漆黒のガレージハウス』その1

00

筆者の独断と偏見に満ちた説明で、当社の施工事例をあまなすところなく一方的、かつ大胆に紹介する企画 『全部見せます!家ツアー』シリーズ。

 

 

 

 

 0000

 

 

 

IMAURA1ちまたでは『カクレモモジリ』に似ていることで有名だ。知らない人はこちらを見てくれ。1秒で理解するはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

今回は先日完成したばかりの兵庫県神戸市の

『漆黒のガレージハウス』

 

 

 

 

さっそく始めようか。

 

 

基本情報

坪単価:     44.5万円(駐車場含)
建築価格: 1400万円
所在地:     兵庫県神戸市須磨区
敷地面積: 100㎡
延床面積:   103.92㎡(駐車場含)
構造:     木造
工法:     木造在来工法
家族構成:ご夫婦と愛犬

 

間取り

ご夫婦お二人でお住まいの二階建て木造住宅。1Fにはガレージと寝室。2FにLDKと水周りを配置した贅沢な間取りだ。

001 002

 

 

窓ナッシング。漆黒の男気デザイン。

 

今回の家はコンフォート初の真っ黒なデザインだ。

 

 

 

ここまで、男らしい家が今まであっただろうか。

 

 

 

男塾に入塾したら、まちがいなく筆頭だろう。

 

 

 

 

 

芸能人で例えるなら、間違いなく藤岡弘、択一だ。

 

 

 

 

 

 

そんな家がコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

01

 

木目調の外壁と左下のシャッターがアクセントになり、激シブに仕上がった。

 

 

そして、

 

 

お気づきだろうか。

 

 

 

 

02窓ナッシング。

 

 

 

マジで無い。

 

 

 

 

 

二度見しても、無いものは無い。

 

 

 

 

実は、目の前の道路が県道で交通量が多い。そして小学校の通学路にもなっている。

 

 

つまり、人の目が気になる立地ということで

 

 

 

それなら、潔く正面には窓を無くしたわけだ。

 

 

 

 

 

と、いうことは、

 

 

部屋の中、真っ暗なんじゃねーの!!?

 

 

 

 

「外観をシブく見せるために、窓なくしたんで、部屋は暗いっす。あとは頑張って下さい!てへぺろ(・ω<)」

 

 

「って、言うつもりですかいダンナ!?」

 

 

 

 

賢明な読者のみなさんはそう思うだろう。

 

 

 

 

 

ああ、そう思うだろうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

否。

 

 

 

 

 

04-2

へっ、、明る!!?

 

 

外観のパートなのに、リビングをフライングゲットで見せてしまうが、

 

 

私、思ったより明るいんです!

 

 

 

2Fにあるリビングはこの明るさだ。

 

 

 

方角や高さを計算した位置に窓を設置することで、最高な採光をゲッツ。

 

 

 

 

 

というわけだ。

 

 

 

 

03

この真南方向にある、二階の窓と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

04このポーチの窓から、充分に光が注ぐわけだ。

 

ちなみに、このポーチは奥様の車用の駐車場でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご理解いただけただろうか?

 

 

 

一見、窓ねーのに、明るい家というわけだ。

 

 

 

 

 

盛り盛りの二郎系シューズクロークが便利

06

では、新ためて室内に突入しよう。

 

08-3

現在地を確認しておく。現在、玄関に突入するところだ。

 

 

07

モモジリもやる気がみなぎっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

08

パカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09

黒いタイルがシブい玄関ホールの登場だ。

 

11

そして壁両面に設置されているシューズクローク。ふんだんに靴を収納できる二郎系シューズクローク。

(最近、自分でも意味がわからないことを書いてる時がある。疲れてるのだろうか。)

 

 

 

11-1

得意げに靴を置くことだって可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車好きにズッキュン。ガレージに躍りでる。

12-1

12

いくぜ、やっこさんよ。

 

 

 

 

そしてシューズクロークの奥にある勝手口を開けると、

 

 

 

 

13

ガレージに隣接した、空間が現れた。

 

ここには車好きの旦那さんが自分で車をイジるための工具やパーツを置くために設けられたスペースだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

14

ふほっ!

 

 

これまた漆黒の広々ガレージの登場だ。

 

 

15

シャッター側から見たビュー。工具置きスペースが見える。

 

 

車を入れても充分なメンテナンススペースを確保した広いガレージに仕上げた。

 

 

 

17コンセントも、もれなく完備。

 

 

 

 

 

 

 

 

19-0

もちろん電動シャッターで楽々だ。

 

 

20

外から見ると、シャッターを開けるとこうなる。

 

 

 

至極のワンワンロード

21

玄関ホールに戻ってきたところだ。

むっ、左手に勝手口がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22-1

▲現在地は、玄関を上がったところにある勝手口の前だ。

 

 

 

22

 ちょうど家の真裏に出れる場所にある勝手口。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23-1おもむろにパカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23-2モモジリが驚く理由があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23-6

真下に川!

 

ご安心いただきたい。ここは危ないのでフェンスを外周に取り付ける予定だ。

 

 

 

 

 

23-5

家の裏側は、まさかの大自然だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一旦外に出る。

 

 

 

 

24

お隣との間の隙間に突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25-1

ここはワンちゃんが家の外周を走り回れる至極のワンワンロードだ。

 

当然、フェンスを取り付ける予定なので安心していただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25-2角をドリフトして曲がると、そこは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26-2あぶねー!

何回も言うが撮影時はまだついてなかったが、フェンスを設置する予定だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27-2そして、先ほどの勝手口につながるというわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29

この御仁がI様邸のアイドル「リュウくん」だ。

 

ワンワンロードを駆け回る。

 

 

 

 

 

 

 

インダストリアルな1Fトイレと階段下のフリースペース

30再び玄関スペースに戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

031右手に激シブなお手洗いを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34-2

▲現在地は階段下だ。

 

 

34

階段下の3.5畳のフリースペース。

 

物置にするもよし。こおどりするもよし。

 

 

 

 

 

1F唯一の部屋。寝室。

35-1

 

35

何やら気になるドアを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36

 パカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

037

おおっ!

ワンポイントの漆黒クロスが、これまたインダストリアル感をしとどに感じる一品だ。

 

 

 

038

反対側のビュー。

木目のドアと白っぽい素材感のフローリングがベストマッチ。

 

 

 

 

 

 

 

039

かなり奥行きがある押入れ兼、クローゼントを完備。

 

 

寝室としては申し分あるまい。

 

 

 

 

 

050

なかなかいい素材感だと思わないかい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40

ちなみに現在地の部屋はここだ。

 

 

 

 

冒頭にも書いたが、人通りが多い県道に隣接している土地であることや、1Fにガレージがあることなどから、1F部分には光があまり入らない

そのためLDKを2Fへ配置したというわけだ。

 

 

 

 

 

00さて、長くなったので続きは次回だ。震えて待て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

eye

全部見せます!!【家ツアー】第8弾 『漆黒のガレージハウス』その2

デザイン性と家族の一体感。プライバシーと解放感を両立させた「ハッとしてグー設計」。説明のいらない15畳の絶品LDK。

資料請求はこちら
友だち追加数
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求