全部見せます!!【家ツアー】第8弾 『漆黒のガレージハウス』その2

00

 

今日は『漆黒のガレージハウス』の2Fに潜入だ。

 

 

 前回の家ツアーは1Fを余すところなく紹介した。

 

 

まだ見てない場合はこちらから予習していただきたい。

 

 

 

 

0000

 

 

 

 

 

では、さっそく。

 

 

 

 

 

 

色気を感じるトイレは大人の香り

01

階段を上がるところからやるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

02味わい深い木の階段を上ると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07-2

▲階段を上がったところの現在地を確認しておこう

 

 

05

むっ、

何やら、エロティックな香りが漂う部屋がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07トイレだった。

 

こういう雰囲気、何というか忘れたが、大人の香りしとどに感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08この諸行無常なクロスの雰囲気と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07-1このエロスなライトがたまらない一品だ。

 

 

2時間は座れるトイレに仕上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

至極の洗濯導線。

10-1

 

10

回れ右をすると、前と右側にドアが2つある。

 

 

どちらから行くべきか。

 

 

尋常ならざる優柔普段体質な筆者には、地獄の状況だ。

 

 

 

 

 

 

あの時もそうだった。

 

 

32歳の夏。

プリングルスのサワークリーム味を買うか、チップスター塩味を買うかで25分くらい悩んだことがある。

 

 

 

プリングルスは激ウマだが、高カロリー感が半端ない。

 

チップスターもすでにジャガイモを油で揚げている時点でアウト感は否めないが、プリングルスに比べれば、雲泥の違いだろう。

 

 

カロリーを取るか!味を取るか!

 

 

 

この葛藤。

 

 

 

結局、心の弱い筆者は緑のアイツ(プリングルス)を手に取ったことは想像に難くないだろう。

 

 

 

それをむさぼり、満腹になった時に押し寄せる

 

 

プリングルス独特の罪悪感。

 

 

 

その結果、今ではベスト体重を12キロも上回り、

 

 

ふくよかなボディの持ち主になったというわけだ。

 

 

人生。

 

 

そう。

 

 

人生は選択の連続。

 

 

 

 

10オレはあの頃と違う!

 

 

 

強くなったんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

10-2

こっちだ!シュバッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

パカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくわからない妄想で、すっかり忘れてると思うが、この段落は洗面所の紹介のシーンだ。

 

 

 

 

12

うん、ふつう。

 

 

 

否。

 

 

 

 

13

この右の棚、よだれもんじゃねえか。

 

 

日々、洗濯している奥方たちは、今頃、震えているだろう。

 

と言うのも、

 

この勝手口の向こうはバルコニーだ。

 

 

洗濯して、すぐそこで干して、取り込んで、

 

 

 

このシェルフに即収納。

 

 

 

 

即収納可。

 

 

 

 

 

14風呂もインダストリアルなブラック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングとつながるバルコニー。

 15-1

 

 

15バルコニーもぬかりなくチェックする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17パカパカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18

こういう具合だ!

 

日の光が眩しいバルコニーのお出ましだ。

 

 

 

ここで外観を思い出して欲しい。

 

 

 

 

 

20アクセントになっていた木目調の外壁の、ちょうど裏側にバルコニーがあるというわけだ。

 

 

こんなところがバルコニーになってるなんて誰も気づくまい。

 

 

 

 

 

 

命名

 

 

ハッとしてグー設計。

 

 

 

 

 

 

 

ふーっっ、アブない、アブない、

危うくスベるところだったぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

19まったく人の目を気にすることなく洗濯物を干せる幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

21-2

日当たりもこの通り、まったく問題ない。

 

 

なんなら日焼けスペースとして海の無いプライベートビーチとしても利用可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

ここで今一度、外観デザインを思いだしていただこう。

 

 

 

 

01

そう。窓がなく。びっくりするぐらいの閉鎖感。

 

 

 

 

が、しかし

 

 

 

 

 

22-3

ツナガル

 

 

 

洗濯物を干しながら、リビングにいる旦那さんとコミニケーションできるというわけだ。

 

 

 

 

 

もっと言うと

 

 

 

23-1

さらにツナガル

 

 

 

こうやって、各部屋に人の気配を感じられるように構成になっている。

 

 

 

 

 

つまり、デザイン性と家族の一体感。プライバシーと解放感。相反する要素を

 

 

 

 

ウチの設計士、両立できるっス。全然できるっス。ちょりっス。

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウ君スペースと、1モモジリちょうどのWIC。

24-1

 

24先ほど人生の選択をした廊下に戻ってきた。

 

 

次は1択なので迷わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30

イン。

 

 

このシマシマのところに、この家の主人トイプードルのリュウ君のゲージやグッズを置くためのスペース。

 

 

 

29ちなみにリュウ君はこんなワンちゃんだ。

 

 

 

ギザカワユス。

 

 

 

 

 

26

反対から見たビュー。上部に設置してスリット窓から採光ゲッツ。

 

 

 

 

で、この左側のドアを開けると

 

 

 

 

27

WIC。(ウォークインクローゼット)

 

 

 

ここも例外なくインダストリアル。

 

 

 

 

 

聞こえる。

 

 

 

 

俺には聞こえるぞ。

 

 

 

 

「WIC、WICってみんな言うけど、実際どれくらいの広さなのよ!?」って言う、民の声が。

 

 

 

 

 

では、モモジリで測ってみる。

 

 

 

 

 

 

28

横。1モモジリちょうど。

 

 

 

 

29

縦も、1モモジリちょうどだ。

 

 

 

 

どれくらいの広さか、ものすごく伝わっただろう。

 

 

 

 

ちなみにモモジリの身長は知らない。

 

 

 

 

 

 

ついに来ました2Fに設置されたLDK。

31-1

 

30

では、その先に進もうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンワンスペースと通りぬけるとそこは、

 

 

 

 

31

ふほっ 15畳の絶品LDK。

 

 

 

 

 

もはや説明なんていらない。

 

 

 

 

 

32

反対からのビュー。

 

 

 

 

33

こげ茶の使いやすそうなキッチン。オール電化で決まりだ。

 

 

 

34

バフッ

 

 

 

 

これ使える人、世界で一番幸せなんじゃないか説。

35

ここで一つ、便利機能を紹介しよう。

 

この蛇口。

 

 

 

 

 

 

36

手カザス

 

 

 

 

 

 

 

 

37

水デル

 

 

 

 

 

 

 

 

これ使える人、世界で一番幸せなんじゃないか説。

 

ハンバーク作ってても、うどんこねてても、ケンタッキー食った後でも、

 

臆することなく水出せる!

 

幸せすぎると思いませんか!!

 

 

 

目隠し用のアクリルスライドドアがイケすぎ

39

キッチンの後ろには半透明のアクリルドアを設置。

 

 

中には、レンジ台や食器棚を収納する。これ目隠しすることで、すっきりした風貌をキープできるというわけだ。

 

 

 

40

こんな具合に1枚ずつあけることもあれば、

 

 

 

43

全開にすることも可能だ。

 

 

まとめ

さて、先週から2回にわたってツアーしてきた『漆黒ガレージハウス』いかがだっただろうか。男勝りな外観やガレージ、中は細部まで生活しやすさを考えた盛りだくさんな各機能。

 

 

 

あらためて思った。家を建てるなら注文住宅しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

000EYE

全部見せます!!【家ツアー】第8弾 『漆黒のガレージハウス』その1

コンフォート初の真っ黒なデザイン。窓ナッシング。マジで無い。二度見しても、無いものは無い。実は、目の前の道路が県道で交通量が多い。そして小学校の通学路にもなっているため、、、

資料請求はこちら
友だち追加数
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求