全部見せます!!【家ツアー】第10弾 『ピンクの外壁とメタル少々の家』その1

0000

 

筆者の独断と偏見に満ちた説明で、当社の施工事例をあまなすところなく一方的、かつ大胆に紹介する企画 『全部見せます!家ツアー』シリーズ第10弾。

 

 

 

 

0000

 

 

 

 

IMAURA住宅アドバイザー今浦モモジリだ。

モモジリについてはこちらを見てくれ。

 

 

 

 

 

家ツアーは今回で10回目。

 

 

今回は大阪の豊能町に建てた『ピンクの外壁とメタル少々の家』だ

 

 

少々キュートな家になっている。

 

 

キュート寄りな諸君は興奮していただいて結構だろう。

 

 

 

 

さっそくツアーに出ようか。

 

 

 

 

 

基本情報

坪単価:     58万円
建築価格: 1,800万円
所在地:     豊能郡豊能町
敷地面積: 180.37㎡
延床面積:   102.87㎡
構造:     木造
工法:     木造在来工法
家族構成:ご夫婦とお子様3人

 

間取り

二階建て木造住宅。1FにはLDKと駐輪場、タバコ部屋、水周り。2Fには洋室が3部屋(4部屋)。

madori01

 

madori02

 

 

 

 

千年に一度のアイドル的外観

 

 

大阪の北部の住宅街の見晴らしのいい極上の角地に、

 

 

この春ピンクの家が降臨する運びとなった。

 

 

 

 

001

 

キュート。

 

キュート感がしとどに溢れる千年に一度のアイドル的な外観。

 

 

 

別の角度から見てみよう。

 

002

 

ああ、こっちもキュート。

 

 

 

広瀬すずか、この家か迷うところだ。

 

 

 

 

 

 

003

 

白い部分はバルコニーだ。そして右下にあるメタリックな部分が駐輪場だ。

 

キュートな風貌にアクセントを与えている。

 

 

アイドルがメリケンサックをしているような感じか。

 

 

若干のベビーメタル感をまとっている。

 

 

 

001-1

 

現在は、カーポートが設置されている。

 

 

 

 

004

駐輪場はこんな感じだ。

 

このように囲ったのは、理由がある。

 

雨よけはもちろん、自転車が見えないようにして、生活感を消すためのものでもある。

 

 

外観のクオリティを維持するためのものでもあるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

多機能すぎてある意味カオスな玄関周り

 

005

では、ウッド鈴木なドアから侵入するぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

007

 パカリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008

むう

 

 

何かナチュラル感を感じる。今人気があるというナチュラルテイスト感を感じる。

 

 

 

ここで一旦、現在地と方向を確認しておこう

 

mador01-1

 

 

 

 

013-1

はい、キュート。

 

 

女子ズキュンなドアだ。

 

 

これがズキュンとこない女子は、女性ホルモンを注射する必要があるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この奥にはLDKがいるはず。

 

 

その前に、

 

 

 

少し引いてみる

 

 

 

018

おいでなすった。

 

 

モモジリがイキってドアを開けようとしている。

 

 

その手前の両サイドのドアがあるのがお分かりだろうか。

 

 

 

007-1左のドアはトイレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、回れ右。

 

 

 

 009-1

ドアが2つある。

 

 

 

 

009パカリ。

 

何やら空間が現れた。

 

 

右のドアは玄関の土間とつながっていて、左のドアは靴を脱いで入るようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在地と場所を確認しておく

 

mador01-2

 

010-1

 物置と使えるスペースだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

010

土間と続きなので、ベビーカーでそのまま侵入できるというわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左を向くと

 

 

 

 

011

シューズクロークだ。

撮影当時は、まだ棚板が取り付けられていなかったので、靴箱感は皆無だが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらに左をむくと

 

 

 

012左のドアははいってきたドアだ。

 

 

右側にはハンガーバーが設置されたスペースがある。

 

 

ここでコートなどをかけておくわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、理解していただけただろうか。

気を抜くと今どこにいるのかわからなくなるカオス具合。

 

 

もっと分かりやすくモモジリが使い方イメージを案内する

 

ではスタート地点の確認から

 

 

mador01-2

 

 

 

モモジリ自ら説明するぞ。

 

 

013いくぜ、いくぜ、いくぜ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

014ここにベビーカーや荷物をおく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

015ここに靴を置いて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

016コートをかけたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

017このドアをあけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ホールに戻ってくるというわけだ。018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一連の流れ、わかっていただけただろうか。

 

多機能具合が半端ない玄関だ。

 

 

 

 

成長の記録をリビングに刻む

mador01-5

 

 

 

013-1

では、LDKを紹介しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 019

ガチャリ。

 

 

 

 

 020

ふおおお

 

白を貴重に緑の扉とむき出しの柱が効いてるナチュラル感。

 

 

 

021-1

このフローリングのビンテージ素材感がいいじゃないか。

 

 

 

021

さて、この柱には目的がある。

 

『成長の記録をリビングに残す』

 

 

 

022

そう。お子さんの身長の記録を刻むのだ。

 

 

ここではおっさんを使っているが、3人の子供達の成長の記録を家のど真ん中に刻む。

 

なんと素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

大きくなって見返すのが楽しいだろう。

 

 

 

 

023

真っ赤なボディが眩しい。

 

絶対、向きが反対だと思うが、そうしたい年頃なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L字型キッチンの奥には1.5モモジリのパントリー

024

L字型は、やっぱり使い勝手が良さそうだ。奥様の身長に合わせて標準より5cm高くしてある。

 

 

 

025

むっ!あんなところにガス栓が。コンロは別にある。何に使うのか。

 

 

 

026実は、オーナー様。

 

「米はガスで炊くのが世界で一番うまい!」と高らかに宣言されているのだ。

 

そのためにガス栓の設置は必須だったわけだ。

 

 

 

 

このお話を聞いたあと、無性にガスのお米を食べたくなった。

 

 

 

027

キッチンの奥に何やら空間が。

 

 

 

028

そう、奥様だけの城「パントリー」だ。

 

 

キッチン関係の物を収納するもよし、デスクを置いてアイロンがけや家事で使うのもよし。

 

 

 

 

029-1反対からのビュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる広さは、

 

 

030

幅は、1モモジリ

 

 

 

 

 

 

 

 

029

 

 

 

 

 

 

 

 

031縦は、1モモジリ

 

 

 

 

 

 

 

 

029

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど真四角だ。

 

 

 

さて、長くなったので続きは次回だ。

次回は、1Fの続きから、ご主人のタバコ部屋から紹介して行こう。

 

 

 

IMAURA アディオス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

全部見せます!!【家ツアー】第10弾 『ピンクの外壁とメタル少々の家』その2

緑ビンテージのドアと白ビンテージのフローリングのマッチングが至極すぎるリビング。トリオの一番右端のドアに注目だ。たのきんトリオで言うところのヨッちゃんだ。ダチョウ倶楽部で言うとリュウちゃん。

この記事の施工写真集

ピンクの外壁とメタル少々の家

ピンクの外観とメタルが特徴のハコ型の家。ベビーカーごと入れるウォークインシューズクロークには、アウターをかけることができるハンガーバーを設置して、便利な玄関に仕上げました。

1F

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求