全部見せます!!【家ツアー】『黒と木の御仁』その2

 

 

初夏の兆し。キングダムにハマった四十の夜。

天下一の大将軍に、俺はなる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWの話題をかっさらった家がある。

 

 

そう。

 

 

 

『黒と木の御仁』。

 

 

 

 

『全部見せます!家ツアー』

筆者の独断と偏見に満ちた説明で、当社の施工事例をあまなすところなく一方的、かつ大胆に紹介する企画。

 

 

 

 

シリーズ第16弾『黒と木の御仁』の続編だ。

 

 

 

 

 

前回が気になって、内股で震えが止まらない人はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく続きへゴーイングマイウェイ。

 

 

 

 

 

 

 

キッチン: 使い勝手そこ知れず

前回はリビングの紹介まで終わったところだった。

ちなみにあったかほったか床暖完備だ

 

 

 

キッチンからみた奥様ビュー。

リビングを一望する絶景。公園にいるお子様もしっかりキャッチ。

 

 

 

 

最近のカップボードは強欲だ。

 

 

 

 

ゴミ箱まで収納してしまうなんて。そんなのアリですか?

 

 

 

 

 

浄水器も完備。二刀流大谷キッチン。

 

 

 

 

 

各スイッチ類を集めたニッチ。しとどに感じるコックピット感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水回り: キッチンに連結

むう。キッチン奥の気になるドアが。

 

 

 

 

オープン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは想定どおり洗面台が鎮座。

ゴージャスな大きめの三面鏡に作業台付きだ。

 

 

 

 

タオルなどのサニタリー収納。コンセントまで付いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もれなくシックな浴室。

 

 

 

 

 

これが言いたい。『このキッチン、こういうこと』

一直線の導線。水回りのシルクロード。

料理、洗濯、お風呂を同時にこなせる至極の家事楽導線を仕上がった。

 

 

 

 

 

つまり『ながら家事』が可能な極上キッチン。

多くの奥様方が何とかしたいと、日々もがいている家事の不満を一気に解決する間取りだ。

 

 

 

 

 

▼キッチンと水回りの距離感を切々と説いたが記事があるので見てくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

君はどこにでもいける。八の字アクセスタイプ

 

 

4つの侵入経路がある。

 

1: 玄関ホールからリビング

2: 玄関ホールから脱衣所

3: キッチンから脱衣所

4: アイランドキッチン

 

これによって八の字アクセスタイプが完成した。

 

 

 

 

 

 

こういうことだ。

 

 

 

複雑すぎて伝わらねぇ!

 

 

 

 

ダブルアクセスタイプを超えた

こんなダブルアクセスタイプや、

 

 

 

 

こんなダブルアクセスタイプを、凌駕した、

 

 

 

 

八の字アクセスタイプ。

日々の生活で自由な導線があることは重要だ。

 

 

 

 

 

 

2階へ行くかね?

2Fへいざ知らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリフトしながら曲がるとそこには、

 

 

 

 

 

すぐに便利な収納。階段上のデッドスペースをうまく活用した一品だ。

 

 

 

 

ウッディな廊下には複数のドア

 

 

 

 

2Fにもトイレがある。そこに山があるようにな。

壁の一面と天井のウッド繋がった感がかっこいい。

 

 

 

 

 

公園ビューのバルコニー

手前の部屋から、物色。

 

 

 

 

 

小ぶりな洋室。バルコニーを物色。

 

 

 

 

 

これまた漆黒のバルコニー。

 

 

 

 

バルコニーからも見える公園。

お子様を遊ばしてても安心のビューを確保。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利すぎる屋根裏収納

天井が開きそうな予感

 

出てきたはしごを駆け上がる

 

 

 

 

 

ことのほか広し。

季節ごとにしか使わない扇風機やストーブなどを収納するのにもってこいだ。

 

 

 

 

 

 

人を飲み込むWIC

ウッディな引き戸をエキサイティングにオープン。

 

 

 

 

 

渋めの個室が登場。

 

 

 

 

 

この漆黒のドアはなんや。

 

 

 

 

 

人が入ってもこの広さ。WIC。

 

 

 

 

 

収納力、ことのほかえぐし。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

さて、いかがだっただろうか?

『黒と木の御仁』

 

 

漢感溢れる外観。

 

 

 

広々LDK。

 

 

 

 

明るいトップライトの吹き抜け。

 

 

 

 

 

 

こんな家が欲しい人は、

コンフォートに相談してくれ。

 

 

 

ハッピーボーイがいつでも、どこでも、何時間でもお話を聞く。

お金を貸す以外なら、何でも相談してくれ。

 

 

 

 

 

関連記事

全部見せます!!【家ツアー】『黒と木の御仁』その1

このGWの話題をかっさらった家がある。そう。『黒と木の御仁』。強そうなブラックボディ。漢感パネェ。北斗の拳で言うと、ライガ、フウガ感がただよう痺れる御仁の登場だ。

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求