家ツアー『ガルバリウムなあいつは漢の中の漢』

 

 

全部見せます!!家ツアー17弾「漆黒ボディと大開放の家」

第1回『漢の中の漢。ガルバリウムな漆黒の外観』

第2回『3150なリビングは、木と開放と幸せ多め』

第3回『格子天井と窓8個の開放感と添えられたDJ』

 

 

 

 

 

突然ですが?

 

 

 

覚えていますか?

 

 

 

 

 

 

 

堺を震撼させた、あの家を。

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板の漆黒ボディと25帖のLDK  + 10帖の個室1つ。

 

 

 

 

 

ほどばしる大胆さ。

 

 

 

 

 

 

 

漆黒ボディと大解放の家。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成から8ヶ月の沈黙を破って、

 

 

 

 

 

基本情報

坪単価:52万円
建築価格:1800万円
所在地:大阪府堺市
敷地面積:128.82㎡
延床面積:114.27㎡
構造:木造
工法:在来工法
階数:2階建て
外壁:ガルバリウム鋼板
室内仕上:天然漆喰
床材:杉無垢材
家族構成:ご夫婦とお子様1人

 

 

間取り

二階建て木造住宅。1Fにはリビングストリップ階段と豪快な吹き抜け。

 

 

 

 

 

2Fには、寝室と収納のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

漢の中の漢な外観

 

漢感。

外壁にガルバリウム鋼板を採用したことによって、真っ黒な外観とソリッドな質感を手に入れた。無垢材のドアがアクセントに。

 

 

 

 

 

 

 

 

斜めから見た漢。

車も漆黒のSUVで決めるところに妥協のなさが伺える漢セット。

 

 

 

 

 

 

 

無骨さをプンプンと醸し出すガルバリウムなあいつ。

錆に強く、耐久性、耐震性、耐熱性に優れ、そのデザイン性が特徴のガルバリウム鋼板だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

民の憧れ『アレ』があるポスト

ポストだってシュッとしたい

まるで東京のできるサラリーマンのようなアルミ製ポスト。いちいちカッコいい。

 

 

 

実はこのポスト、ただカッコいいだけじゃない。

 

 

 

民の憧れ、アレが備わっている。

 

 

 

 

 

 

宅配ボックスをプラスオン。

持っていると世界一幸せとされる機能の一つ。宅配ボックスを完備している一軒家はなかなかない。

 

 

 

 

 

 

 

そのカッコよさによろめくカーポート

シブい。アルミ製のカーポート。

かっこよすぎる。少々グレードの高いカーポートだが、ここはご主人が妥協を許さなかった。

 

 

 

 

 

 

軒天だって妥協はない

 

見上げると、木感を与えた天井裏

屋根の裏側は、ここは木目調の材料でドアとともにアクセントに。尋常ではないこだわりっぷりがエゲツない。

 

 

 

 

 

 

玄関ホールは無骨感溢れる巨大ドアで演出

重厚感溢れる無垢のドア

庇も玄関照明も統一されたアルミコーディネート。

 

 

 

 

 

 

IN。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無骨な玄関ホール。

むっ思ったよりシンプルな玄関だ。写真では分かりにくいが室内の壁は漆喰の塗り壁だ。

 

 

 

 

 

 

わかるかね?尋常じゃないドアの高さ。

左がシューズクローク、右がキッチンに入るためのドア。

 

 

 

 

 

 

なんとまあ、天井まで高さがあるドアの迫力。

ちょっと高級な飲食店にでも行かないお目にかかれないビッグドア。

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜くらべてみました。『コンビTHEももじりな男』

左が脱衣所の通常サイズのドア。右が天井まであるビッグドア。

 

 

 

 

 

その高さ。

泣く子もだまる2m60cm。

 

そもそも天井が高い。通常2m40cmなので、20cmほど高くして開放感を追加したわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな特注サイズ。既製品はない。

大工さんがオーダーメイドで作ったわけだ。その大きさの素材もないのでつなぎ目がある。

 

 

 

 

 

 

 

衝撃的なLDKを拝んで今日のオチとする。

 

 

 

 

 

 

 

現在地を確認したところで、

 

 

 

 

行くかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバすぎるスキル2019。

 

 

 

 

 

 

紹介したいところがありすぎて、言葉が出てこないなんて。

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、大阪も景気ええわけや。

 

 

 

 

 

 

 

長くなったので今日はここまでだ。

気になって震えてる人は、そのまま震えていてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

家ツアー『漆黒ボディと大開放の家』

家ツアー『3150なリビングは、木と開放とペレットストーブと幸せ多め』

フローリングは素足が気持ち良い杉をチョイス。杉3150。断熱性があり、香りが良い、柔らかい杉を採用。フローリングだけでなくあらゆるところに杉を使っている。ダイニングも3150なんやろな。

この記事の施工写真集

漆黒ボディと大開放の家

ガルバリウム鋼板の質感と無垢材のドアの外観が特徴的な家。 LDK25帖と10帖の寝室の大胆な間取りに吹き向け。フローリングなどすべて杉無垢材に、壁は天然漆喰の塗り壁で仕上げました。 キッチ
資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求