家ツアー『ハイグレードな水回りと、キュン死にキッズルーム』

 

 

京都の紅葉、前田耕陽、どっちが見頃かなぁ みつを

明日からの一泊旅行。どこの紅葉に行くか迷うウグイス今浦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

家ツアー18弾『邸宅感あふれるタイルの家』続編

第3回 家ツアー『ハイグレードな水回りと、キュン死にキッズルーム』

 

 

 

第1回『邸宅感あふれた外観と、行き届いた小上がり』

第2回『多機能すぎるリビングは、サバ缶とモノすごいキッチンとともに』

第3回『ハイグレードな水回りと、キュン死にキッズルーム』

 

 

 

 

 

 

総理、お迎えに上がりました!

くらいの邸宅感を感じる家の続編だ。

 

 

 

 

 

 

ノーリツ恐るべし(2回目)

本日は、右奥の扉からスタートする。

 

 

 

 

 

このハイドアの先に何があるのか。

何度も言うが、天井ギリギリまでのドアを使うことで、空間をスッキリ見せる効果がある。

 

 

 

 

 

ガラガラポン

 

 

 

 

 

 

茶色で上品な統一された上品な脱衣所が現れた。

 

 

 

 

 

キッチンに続いて、洗面台も浴室もノーリツ

前回に紹介して、キッチンを納品していただいたノーリツさん。担当者のM氏から、説明を受ける。

 

 

 

 

 

おいでなすったぜ。

うちの製品すごいんですアピールを、タタキ込んでくるつもりだろうが、すでにそちらのやり方は見切ってるぜ、やっこさんよ。

 

 

 

 

▼一連のくだりは、第2回を見てくれ。

 

 

 

 

 

 

M氏

「まずは、こちらの洗面台ですが上と下、別々の製品を組み合わせているんです。いいとこ取りですね。」

 

 

 

 

ウグイス今浦

「そんなことできるんすか!?」

 

 

 

 

 

 

M氏

「上の部分(ソフィニアクリエ)は、デザイン重視でベッセルタイプ用をお選びいただきました。

下の部分(ソフィニア)は、使用性重視でカウンタータイプをチョイスしていただきました。」

 

 

 

 

 

 

ふぅ〜

上下組み合わせができるなんて、危うく声が出るところだったぜ。次はそうはいかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

至極の浴室

あふれるハイグレード感、イスも二つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

M氏

「この壁を見てください。壁柄は壁に直接インクジェット印刷しているので、木目柄や石目柄がリアルに表現できるんです。」

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「確かに美しい。本当の石みたいです。」

 

 

 

 

 

 

 

M氏

「さらに、壁のモールによる継ぎ目を無くし、壁の美しさにこだわっています。」

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「確かに次目に印刷のズレがない。高級感があり、ハリボテ感がない。」

 

 

 

す、すげぇ。。

浴室波状攻撃でやられそうだ。だが、ここで心折れるウグイスではないわ!

 

 

 

 

 

 

 

M氏

「さらに、このアクリル100%の分厚い浴槽は、表面が滑らかで硬く傷がつきにくいのも特徴です。」

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「重厚感と色に深みがあり、それでいて肌触りが滑らか。いつまでも浸かっていられる。」

 

 

 

 

くっ、恐るべき妥協のなさ。

負けるわけにいかない。腹をすかしている嫁子供の為にも、負けるわけにいかないんだっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M氏

「この床は、アクリル新素材でできており、『長年使ってもずっとキレイでありたい』という思いで、硬度8Hという硬い床にしています。」

 

 

 

 

ウグイス今浦

「硬度8H!」

 

 

 

 

 

 

M氏

「硬さによって、クロズミなどの原因となるミクロな傷から床をまもります。

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「ほぉ〜、では試させていただこう。」

 

 

 

 

 

 

キズがつくか、つかないか、ここはひとつ、サバ缶に聞いてみようじゃないか。

 

 

 

 

ゴリゴリゴリゴリッ

(▲は誇張したイメージです。実際にはサバ缶でこすっていません)

 

 

 

 

 

でも大丈夫!!(三井住友CM吉高由里子風)

8Hのアクリル新素材、ありがとう!

 

 

 

 

 

M氏

「さらに、浴室暖房は、電気式の約3倍のパワフルなガス温水式です。」

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「ぐぬぬっ。3倍だと、、、」

 

 

 

 

 

 

M氏

「浴室がすぐに温まり、洗濯物の乾燥も素早くできますよ。」

 

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「なんだと、、、」

 

 

 

 

 

 

 

M氏

「さらにランニングコストもお安くになります。」

 

 

 

 

 

 

 

出展:ノーリツ

 

 

 

 

 

ウグイス今浦

「この浴室、死角なし。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禁断の2Fへ

ウッディな踏み面がかわいい階段を駆け上ると、そこは、、、

 

 

 

 

 

 

景!!富士山頂か、ココか。

2Fから見下ろすこともできるのが、吹き抜けの醍醐味の1つだ。

 

 

 

 

 

マットブラックなシーリングファンが激シブ。

 

 

 

 

 

廊下にきっちり並ぶ、日本の歴史が気になる。

 

 

 

 

 

11巻は貸し出し中に違いない。奥様の虫嫌いはどうやら本当のようだ。

戦国時代と江戸幕府の間って何だっけか?

 

 

 

 

 

おもむろに扉を開けてみるとそこは、、

 

 

 

 

 

アバンギャルドな床にアートを感じるトイレ。

このトイレのデザイナーは、新幹線N700系にインスパイアされたに違いない。

 

 

 

 

 

キュン死に覚悟のキッズルーム

ダッフィーに見守られた、可愛いらしい子供部屋。

 

 

 

 

 

ウォークインクローゼット完備のキッズルームだ。

 

 

 

 

 

 

さらに女の子っぽいキッズルームその2。

机の下に捕獲されたクマが気になる。

 

 

 

 

 

 

 

三角入り口のウォークインクローゼットが、激カワ。

これ以上ないくらい女子感あふれるドレッサー。そして、このクマ、クマか?

 

 

 

 

まとめ

いかがだっただろうか、

「総理お迎えにあがりました!」

くらいの邸宅感の家。内容が濃い三部作になった。

 

 

 

 

では、次回の家ツアーで会おう。

アディオス。

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求