みんな大好き『吹き抜け』 そのデメリットに対抗してみる

044

 

3年前に書いた記事『吹き抜けのメリットデメリット』の改訂版だ。

 

3年もたつと、ほうれい線も3年分深くなり、腹も3年分出る。ブログも例外ではなく、3年もつづけていると昔の記事を見ると恥ずかしいほどに、しょぼく感じる。それくらい書き方が変わる。

 

そんなわけで急きょ改訂にいたった。

 

 

 

さて、民のあこがれ『吹き抜け』がテーマだ。

 

当社の施工例としても吹き抜けをあしらった例が全体の2/3ほどだろうか。

 

それくらいの人気。それをしたいために注文住宅にしたというお客様もいる。

 

19

 

そんな大人気の住宅界の広瀬すず『吹き抜け』にも、素晴らしいところばかりではない。

 

明るく、家族の気配を感じる、開放的でインパクトある、みんな大好きな『吹き抜け』。

 

それは、テレビの中だけの広瀬すずを見ているようなものだ。

 

裏では、ものすごい努力をしているかもしれないし、芸能界の汚さに翻弄されているかもしれないし、ものごっつ性格が悪いかもしれない。

それと同じように、吹き抜けにもデメリットがしっかり存在する。

 

なぜ広瀬すず押しなのかは不明だが、

 

よく言われる吹き抜けの3大デメリットはこんな感じだろう。

 

1、寒い
2、音がうるさい
3、匂いが2階まで

 

ということで、前置きが長くなったが今日のブログは、このデメリットにしっかり対抗していくことにする。

 

19 (2)

 

『暖かい空気は上へ。1Fが寒い』説

冬場の暖かい空気は上へ上へ行こうとするので、足元が寒くなるという。そして、窓辺で冷やされた空気は暖房の下降気流によって、さらに足元が寒くなるというわけだ。

 

機密性、断熱性を高める

性能の高い断熱材と断熱方法で家の断熱性を高め、室温のムラがないように対策をする。高断熱タイプのサッシを使うとより効果的だ。

 

シーリングファン

天井でくるくる回る大きい扇風機みたいなシーリングファン、もしくはサーキュレーターなどつかって空気を撹拌ことで上下の温度差を減らす。しかもシーリングファンがあるだけで、この家イケてると思われること必至。

 

第1種換気

吸気と排気を両方機械で行う第一種換気を採用するの手だろう。さらに全熱交換型であれば、室温に影響なく換気ができる。しかも光熱費削減にもなる。

 

床暖房との合わせ技

これで足元も暖かい。

 

010

『テレビ!?夫婦喧嘩!?1Fの音がうるさい』説

 

家族の気配を感じるというのはメリットなのだが、反面言い方を変えれば、音がよく聞こえるということだ。

 

息子が2Fで受験勉強しているのに、1Fのテレビの音がうるさい。あげくの果てに夫婦喧嘩も始まって、まったく勉強に集中できない!

なんてことになりかねない。

 

こればかりは、ハッキリ言って対策は難しいが、メリットでもあることなのでしっかり踏まえて検討することだ。

 

対処療法ではあるが、下記のような対策をすることで軽減できる。

 

・部屋のドアに隙間テープ
・吸音ボードをつけて音を吸収する
・2Fの吹き抜け部分にカーテンをつける

 

0004

『今日は焼き魚か~^^ 料理のにおいが二階まで!』説

実際の現場では、『今日は焼き魚か~^^』なんて、ニコニコ言ってられないだろう。

 

魚を焼いた時に臭いがこもると最悪だ。二階からのクレーム必至。

 

こうならないように、しっかり換気設計はしておかなくてはならない。

 

吸気と排気の設置場所の設計で、うまく空気の流れを誘導することで臭い対策は可能だ。

 

049

 

まとめ

というわけで、完全の説を論破しきれない部分はあったが、あまり悲観的も考えなくてもいいだろうというのが、今回のまとめだ。

 

大事なことは、表面的なメリットばかりではなく、しっかりとデメリットを踏まえた上で採用したいものだ。

 

 

関連記事

03

この開放感がたまらない!?『当社施工例の吹き抜けシリーズ』

  『飛ばしていくぜ!しっかりつかまってな!!』   『今日も怒涛のブログで読者をヒーヒー言わせてやるぜ!』     勢いのいい一文とは裏腹に、相変わ・・・[続きを読む]

資料請求はこちら
友だち追加数
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求