これは真似したい!『注文住宅で実現した便利機能25選』その1

004

 

本日はまじめなお題でひとつ。

 

われわれコンフォート建築設計事務所。注文住宅を専門に扱う設計事務所だ。

 

注文住宅といえば、スタイリッシュな外観など、どちらかというとデザイン性をイメージする方も多いと思う。

 

もちろんデザインも重要だが、本来、住宅とは生活を豊かにする機能性が最重要視されるべきだと考えてる。

 

そこで、今まで我々が建ててきた家の中で『これはエグイ!!』と、もんどりうった住宅機能の中から選りすぐりの25機能をご紹介させて頂く。

 

それは注文住宅ならではの、それはそれは特別な機能だ。

 

では、とくとご覧いただきたい。

 

 

目次

  1. 明るい家族計画なら、可変式の子供部屋
  2. 備え付けられた多目的デスクが便利すぎる
  3. 玄関入ってすぐの四次元ポケット。大型収納(納屋)
  4. 「帰ったら手を洗いなさい!」をコミット。玄関に手洗い場
  5. 使い方色々、人生上々。キッチンに勝手口
  6. 家事楽な家。まずは洗面所に作業場   ←今回はここまで
  7. スッケスケやん。ストリップ階段  ←ここから次回
  8. 大勢の来客対応に活躍スキップフロア
  9. 生活感を抹殺する。駐輪場スペース
  10. 2つの玄関。家族と来客のアガリカマチ
  11. オープンすぎる開放的な水回り
  12. 自宅でマッスルしませんか?トレーニングルーム
  13. カーテン不要な神リビング
  14. ふぁっ、となるスペース『家族共用フリールーム』
  15. テレビ裏は活用するもんだろ?違うかね?
  16. 奥方たちだけの空間。それはパントリー
  17. 旦那が勝ち取った1畳のタバコ部屋
  18. ウォークしてスルーする?シューズクローク
  19. クローゼットだってスルーしたい
  20. 三面が窓!?コックピット的リラックススペース
  21. 家族が出会うリビング階段
  22. No More ドア。手ぶらでウォークインクローゼット
  23. クイックル収納で箸休め
  24. 朝の渋滞?うちは関係ないっすね〜 2ボウル洗面台
  25. 時短。家事楽。カウンターキッチン直結ダイニング

 

 

 

1、明るい家族計画なら、可変式の子供部屋

明るい家族計画。(なつかしのキャッチコピー。30代後半以降の男子は知ってるはず)

 

子供を何人欲しいか。

これは最初から決まってるご夫婦は少ないのではないか。
もしくは、決めていてもやっぱりもう1人欲しい。というパターンも往々にしてある話だ。

 

そこで、我々がお勧めする驚きの機能はコレだ。

 

『間仕切りをしてセパレートできる子供部屋』

 

004

ドアは2つあるのに仕切られてない。

しかるべきタイミングで間仕切ることが可能というわけだ。

 

 

明るい家族計画。(なつかしのキャッチコピー)

 

 

小さい時は1つで家族で川の字で寝ればよし。子供が2人になれば、間仕切りをして個室を与えればよし。

 

 

01この写真は、少々わかりにくいが、右手にドアを2つ準備してるのだ。

梁のところで間仕切りを設置できる仕組みだ。

 

筆者の場合、個室を与えられたのは中2の頃だった。

男児にとって自分の部屋は夢。

男子たるもの一国一城の主を目指すべし。

 

当時の思ひ出が蘇るようではないか。

 

 

 

2、備え付けられた多目的デスクが便利すぎる

 

次は備え付けの多目的デスクだ。

自由に模様替えをしたい人には不向きだが、そのメリットもすごい。

 

間取りで発生したデッドスペースの有効利用

 

0005脚が無いので掃除が楽。

 

最小スペースで書斎を持てるということだ。

 

子供は勉強、大人はパソコンができる便利スペースとして重宝することだろう。

 

 

 

008

この事例では2Fの廊下に設置したデスクだ。

 

家族共用のスペースなので、親子で並んで座れるという画期的な機能になっている。

 

しかも、吹き抜けに面しているので、お母さんの『ごはんできたわよー』が聞こえるわけだ。

 

 

家族の円滑なコミュニケーションにうってつけの一品だ。

 

 

 

 

 

3、玄関入ってすぐの四次元ポケット。大型収納(納屋)

066

小さなお子様をお持ちのお母さんや、アウトドアが趣味のお父さんが喉から手が出るほど欲しい一品の紹介をさせてもらおう。

 

帰宅時、ベビーカーをそのまま収納できる大型収納だ。納屋と呼べるかもしれない。

 

この写真の家は約1畳ほどあり、靴を脱がずに大型のものを納められることが最大の特徴だ。

 

ベビーカーを始め、子供の大きなおもちゃ、傘、車用品、外で使うものをガンガンに収納できるすごいヤツ。

 

 

 

017キャンプから帰ってきて、道具を片づけるのはツライ作業だろう。

 

ハイテンションではしゃいでたお父さんもその時だけは口数が少なくなる瞬間だ。

 

だがしかし、この納屋さえあれば、車を玄関にダイナミックに横付けして、大きなキャンプ道具を靴のまま、流れるような所作で道具を納めることが可能だ。

 

 

 

 

あってよかった、玄関の納屋とファブリーズ。

 

 

 

4、「帰ったら手を洗いなさい!」をコミット。玄関に手洗い場

063

『帰ったら、まず手洗いしなさい』

 

もの心ついた時からあらゆる大人に何度も言われてきたが、一切実践してない教訓だ。

 

ついに実現する日がきたようだ。と思わせてくれる一品に仕上がっている。

 

この機能は、小さなお子様がいる家庭にはうってつけの機能だ。

 

玄関を開けると、目に飛び込んでくる洗面所

 

 

 

画像では少し分かりにくいが階段を降りたところにあるのが手洗いだ。

 

 

 

 

5、使い方色々、人生上々。キッチンに勝手口

さて、奥様方お待ちかねの一品に、いよいよ登場してもらおう。

 

0010

キッチンに勝手口。

 

『なんて素敵な響き』と思われる奥様方がどれだけいることだろう。

 

キッチンに勝手口を付けると何が嬉しいのか。

 

これは、お客様の事例だが、ゴミステーションの近くの土地に家を建てることになった。

 

最初は嬉しくなかったが、キッチンの勝手口を出るとすぐにゴミだしできるように間取りを組むことで家事の負荷を劇的に軽減することになったのだ。

 

 

043

ゴミステーションが近くなくても、勝手口を出たところにゴミ箱を置くこともできる。

 

さらに言うと、バルコニーや庭につなげることで料理をしながら、洗濯物もするという、仕事バリバリキャリアウーマンなみのマルチタスクを実現できる。

 

駐車場から最短距離にして、重い買い物の荷物を直接キッチンに入れることもできる。

 

 

使い方色々。人生も色々だ。

 

 

 

6、家事楽な家。まずは洗面所に作業場

 

家事つながりでもう一つ。

 

洗面所に作業場をつくるとどうなるか。

 

その壮大な問いに対する答えがコレだ。

 

 

『洗濯もん、その場でたためるし、アイロンもいけるで~』

 

 

 

奥様方は欲しい機能だろう。

 

083

事例の写真には写ってないが、洗面所を広くし、タンスを設置しているそうだ。

 

下着やタオル類、などはそのまま収納する作戦を立案したらしい。

 

家事を楽にするのは注文住宅の使命だ。

 

毎日することだからこそ、一番こだわるべきことなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

さて、長くなったので続きは次回に。

 

 

関連記事

これは真似したい!『注文住宅で実現した便利機能25選』その2

さて、『注文住宅で実現した便利機能25選』の後編だ。 前半が気になって夜も眠れない人は▼から見てほしい >> これは真似したい!!『注文住宅で実現した便利機能25選』そ・・・[続きを読む]

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求