近い未来の家はこうなる「HOUSE VISIONで気になった家たち」

A5DM入稿0717
出典元:roomie

 

今日は、これからの家、ちょっとだけ未来の家はこうなるんじゃないかというお話だ。

 

少し前の話だが、企業と建築家・クリエイターが「新しい常識で、都市に住む」をテーマに提案する企画展HOUSE VISIONが開催された。

 

12個の原寸大の家が展示されたのだが、その中から筆者が気になった家をレポートしよう。

 

 

 

では早速。

 

 

水まわりを好きなところに置く「凝縮と開放の家」

03-1
出典元:roomie

 

早速、筆者の本命を紹介しよう。

 

 

これ、衝撃的。

 

 

03

出典元:roomie

 

LIXIL×坂 茂氏のコラボだ。

 

 

水まわりを自由に移動できる。

 

 

さすが坂氏。

 

 

そして、バスタブも収納可というから驚きだ。

0804housevisionlixil_666

出典元:BRUTUS CASA

 

 

さらに、前面の窓がスイッチ一つで移動し大開放になる。動画を見てくれ。

 

出典元:BRUTUS CASA

 

しかも、液晶ガラスを使っていて、スリガラスのように不透明になったり、透明になったり。

 

我が家にも欲しすぎる機能だ。

 

これもスイッチ一つだ。

 

 

 

旅行者と地域のコミュニティになる「吉野杉の家」

06

出典元:roomie

 

Airbnbと建築家の長谷川 豪氏のコラボ作品だ。

 

07

出典元:roomie

 

 

最近何かと話題の民泊マッチングサイトAirbnbらしい家だ。

 

 

一階は、地域の人々と旅行者が触れ合うパブリックなスペース。

 

 08

出典元:roomie

 

2階は旅行者の宿泊スペースだ。

 

 

 

便利かも!?「冷蔵庫が外から開く家」

0803housevision03_666

出典元:BRUTUS CASA

 

ありそうでなかった斬新なアイデア。

 

黒猫ヤマトのヤマトホールディングスが企画したというのが頷ける。

 

これが実現したらクール宅急便で不在の時もへっちゃらだ。

 

 

 

定住しない人のための「遊動の家」

04

出典元:roomie

 

仕事で各地を飛び回り、たまに家に帰ってくるような人のことを「ニュー・ノマド」というそうだ。

 

そんな人たちのための家がこれだ。

 

05

出典元:roomie

 

プラベートな空間を作らず、来客を招いてパーティをしたりというライフスタイルに特化しているそうだ。

 

 

 

本物と見分けがつかない「木目の家」

01

出典元:roomie

 

凸版印刷×日本デザインセンター原デザイン研究所の作品だ。

 

02

出典元:roomie

 

本物の木ではなく高精度のプリントだそうだ。

 

 

実用化されれば、本物と区別がつかないウッディな内装が安価で可能になるかもしれない。

 

 

これで匂いが木なら完璧だ。

 

 

 出典元:TOPPANPRINTING

 

 

 

 

まとめ

近い将来にこうなるであろう家「HOUSE VISION」から筆者の独断で気になる家をピックアップした。

 

 

当社でもこれからのご提案を考える上で有用なヒントをいただいた秀逸な作品ばかりだ。

 

 

ぜひ参考にしていただきたい。

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求