奥方様必見!家事の負担を左右する水まわりレイアウトを6つの実例で検証してみる

 

ごきげんよう。ゴッド・ミズマワリ・ももじりだ。

年が開けて早くも2週間。腹ペコ諸君!いかがお過ごしか。

 

 

 

 

今日の記事は水まわりについて語る。

 

2年前に書いた記事だが、今読んでみると、あまりにも情報が古く、イケてないのでブラッシュアップしたわけだ。

 

 

水まわり

毎日の家事におわれている奥方たちは耳ダンボなワードだろう。

 

これを、どのようにレイアウトするかによっては、

 

家事にかかる時間に、おそるべき影響力も持つ『注文住宅を建てる際には塾考するべきポイント』だ。

 

 

家事の負担が楽になると、奥方のご機嫌も良くなる。

 

 

しいては、

旦那の小遣いの賃上げもスムーズに交渉できる。

テレビのチャンネルの取り合いも旦那の意見が通りやすくなる。

会社の飲み会代を小遣いとは別請求でできる。

 

 

『旦那の地位向上は、この一点にかかってる』と言ってもいいだろう。

 

 

というわけで、日々奥方の顔色を伺っている旦那衆は

 

この記事で水まわりレイアウトを勉強し、新築する際には奥方に必至で提言することをお勧めする。

 

 

 

目次

  1. 『横並び浴室トイレ』レイアウト
  2. 『洗濯の導線最短距離』レイアウト
  3. 『料理洗濯は同時にやるっしょ』レイアウト
  4. 『おきて破りの脱衣所無し』レイアウト
  5. 『家事一直線』レイアウト
  6. 『帰宅してすぐ風呂へ』レイアウト

 

 

パターン1 『横並び浴室トイレ』レイアウト

 

浴室、洗面、トイレを横並びにして洗面所から両方にアクセスできるオーソドックスなレイアウトだ。

 

 

脱いだ服を洗濯機にぶち込みそのまま風呂にダイブする。これは、どの家族でも行っていることだろう。

 

 

排泄、洗濯、入浴の一連の作業が最短かつクローズな空間でできる一品だ。

 

 

 

キッチンと少し離れているため、料理をしながら洗濯の面倒は見ることはできないが、それを除けば問題ないスタイルと言えよう。

 

↓このパターンの施工例はこちらだ。

全部見せます!!【家ツアー】第6弾 『中庭で家族がつながる家』

 

 

パターン2 『洗濯の導線最短距離』レイアウト

 

洗濯機から3歩あるけば、バルコニーという至極の洗濯特化パターンだ。

 

大股でいけば1歩でたどりつく衝撃的な近さ。

 

 

 

ところで、

筆者は家事の中で洗濯物を干す事が一番嫌いだ。

 

できれば避けて人生を終えたい。

 

 

もし、バルコニーが2Fで洗濯機が1Fだったら、一生洗濯をしない人生を選択するかもしれない。

 

 

 

 

 

話を戻して、

お子様が多い家庭では一日に複数回、洗濯機をまわすという奥方たちには、ぜひ検討してみてほしい一品だ。

 

 

 

 

 

 

 

↓このパターンの施工例はこちらだ。

全部見せます!!【家ツアー】第2弾『インパクトデザインの家』

 

 

 

パターン3 『料理洗濯は同時にやるっしょ』レイアウト

 

 

料理をしながら洗濯ができるという離れ業を可能にする、せっかちな奥方様にはたまらないレイアウトだ。

 

 

フライパンに卵を落とし、焦げる前に、ダッシュで洗濯機のボタンを押して帰ってこれるかを試してみたり、

 

 

洗濯中に鍋がふいてもすぐにレスキューにいけたり、

 

 

そんなアスリートばりの妙技が可能になる。

 

 

 

 

小さなお子様がいる場合、料理をしながら、お風呂やトイレの世話をするときも、JAFばりに駆けつけることができるすぐれものだ。

 

 

 

 

 

 

 

激しく移動している奥方の残像だけが見えることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

パターン4 おきて破りの脱衣所無し。オープンレレイアウト

さて、個性的なパターンをご紹介しよう。

 

 

どうだろう、この個性的ないでたち。

 

 

脱衣所無しのM心をくすぐられるオープンレイアウト。

 

 

 

男らしい潔さに感服するばかりだ。

 

 

 

この家のオーナー様が『2Fは家族しかいないし、脱衣所なんていらねーっしょっ』(こんな言い方はしてない)

 

 

と言い放ったことが今でも鮮明に思い出される。

 

 

kyoto-02-07-01-min.jpg

 

 

朝は洗面所に家族が殺到する。

 

 

顔を洗いたい人、洗濯する人、シャワーを浴びたい人。

 

 

 

オープンにすることによって、それぞれがスムーズに事をすませるように考えられたものだ。

 

 

 

裸を見られても気にならないほど仲の良い家族なら、ぜひ採用してほしいレイアウトだ。

 

 

 

しかし、脱衣所無し。

 

 

 

これは凡人には不可能な選択だ。

 

 

 

何かを越えなければたどり着けないレイアウトだ。

 

 

 

 

パターン5 『家事一直線』レイアウト

 

すべてを一直線上に配置したレイアウトだ。

 

洗濯物を持って勝手口まで目をつぶってもたどり着ける動線。

 

 

つまり洗面所からキッチンに

瞬間移動できる。

 

 

これなら洗濯をしながら料理なんて赤子の手をひねるようなものだ。

 

 

 

世界の嫁が喜んだ瞬間だ。

 

 

 

↓このパターンの施工例はこちらだ。

全部見せます!!【家ツアー】第7弾 『漆喰と木とナチュラルデザインの家』

 

 

 

 

 

パターン5『帰宅してすぐ風呂へ』レイアウト

靴をしまって、洗面所に上がり、手洗い、そして衣服を洗濯機に、オーバースローで投げ込み、そのまま風呂にダイブできる動線。

 

 

キッズを抱える奥様方にはたまらない一品だろう。

 

 

玄関からシューズクロークに突入し、そのまま脱衣所に上がれる動線になっている。

 

 

左がシューズクローク、右が浴室だ。

 

 

しかも、キッチンは回遊できるダブルアクセスタイプ。

 

 

 

 

↓このパターンの施工例はこちらだ。

全部見せます!!【家ツアー】第9弾 『純真無垢の白キューブ』

 

 

 

まとめ

さて水周りの実例レイアウトをご紹介したが、いかがだっただろうか。

 

家を建てる上で、家事の動線はめちゃ重要だ。

 

 

 

過去にキッチンと洗面所が3m短くなるとどうなるのかを検証したことがある。

 

 

年間移動距離21.6km短縮。

時間にして、5時間15分カット。

 

 

 

詳しくは、『家事楽に重要なキッチンと洗面所の距離。3m短かくするとどうなる?』を見てくれ。

 

 

 

それくらい重要ってこと。アディオス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

快適な家事をするための『キッチンに必要な広さとは!?』

キッチンの間取りは、あした死ぬ覚悟で考えるべし!!ステキッチンジーザスアドバイザーももじりだ。今日のイケてるテーマは「理想のキッチンの広さ」についてだ。広さを考えるまえに、今回の例として理想のキッチンの形を決めなければならない。

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求