本気か!?琴線に触れた『おもしろ間取り』

70d12b3e1ed90584f14c1460ecd95d0d

 

さて、いつも真面目なブログばかり書いているので、今日は一つ、脱力系の記事にしようか。

 

我々は日々お客様の生活を豊かにするために、真面目に全力で間取りを作り続けているわけだが、しかし広い建築業界の中には、『おい、それ本気で作ったのか!?』という衝撃的な間取りがあるということを、たった今、知ったところだ。

 

そこで、筆者の琴線にふれた驚きのまどりをいくつかご紹介しよう。

 

 

ハート型

 

お客様の第一の要望がハート型だったのか、それとも土地の形がハートだったのか。

 

個人的には、右の真ん中の部屋は大変だ。かならず、右上の部屋を通るか、リビング側から回らないと部屋に入れることさえできない。

 

9LDKDKDKDK3S

出典元: suumo.jp

出典元: suumo.jp

 

何かのパスワード!?

 

なぜここまで細かく割ったのか、さっぱりわからないが、すさまじい部屋数。

 

 

えッ!?

出典元:ギャザリー

出典元:ギャザリー

 

せまっ!

 

一坪の部屋。しかも半分はトイレ。

 

人間、畳一畳あれば寝れるとはいいますが。

 

 

猫好きすぎ

出典元: sonicch.com

出典元: sonicch.com

 

筆者の猫好きだが、これを提案されたら引く。

 

耳の部分が風呂とトイレで、鼻がリビング。

 

 

野比家

 

突然脱線するが、ドラえもんのノビ太の家の間取りだ。

 

木造二階建、和室を中心とした和風住宅。110.97㎡の6Kだ。

 

だれかがこの間取りを作ったことにも驚きだが、昭和の家全開の間取りが新鮮だ。

 

LDKを1つ空間として、広く見せる現代のそれとは全く違う。

 

 

ちなみにこんなのもあったので紹介しておこう。野比家を3Dでみれる動画だ。

 

 

ひさしぶりの、脱力系ブログ。

 

たまには力を抜きたい夜もあるさ。

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求