注文住宅でよく耳にする『坪単価』って、何?

出典:http://www.shigaraki-uraku.com

 

『極寒の今朝 ツボに入って 暖をとる』

人生の目標は南下。冬撲滅運動家の今浦だ。

 

 

 

 

 

そもそも坪ってなんやねん?

メートルとか平米とかあるのに、坪って何?

 

注文住宅を検討された腹ペコ諸君なら、よく耳にするだろう。

 

今日は建築屋らしく、

知識を披露してやるんだからキリッ

 

 

 

 

ちゃんと知ろう。坪の歴史

「坪」とは、

 

古代中国で使われていた「歩」という単位あった。

それが日本に伝わり「」と呼ばれるようになったそうだ。

 

全人類が知るべき歴史だ。

 

 

坪は駆逐されるのか?

法律上では国際基準であるメートル法が摘要されている。

 

 

ところがどっこい、

そこはナウでヤングな建築現場の大工さんたちは、

 

 

「坪」をはじめ、

「寸」「尺」「間」といった日本オリジナルの単位を今でも使っているオシャン具合。

 

 

 

つまり、「坪」は昔の名残。

 

 

 

まるで建築屋のような、博学ぶり。

 

 

 

 

坪単価の計算方法

03
1坪の大きさは約1820mm×1820mm(畳2枚分)。

 

正確には約3.305785124平方メートル。

 

 

 

20帖のLDKなら

10坪(約33㎡)だ。

 

 

 

一般的に建築価格を坪数で割ったものが坪単価になるわけだ。

04

 

 

建築価格の内容によって坪単価が変わる!?

05

一般的に家を建てるには、大きく分けて

6つの費用が発生する。

 

 

  1. 住宅建築費 ・・・建物本体の費用
  2. 設計管理費・・・設計、現場管理などの費用
  3. 地盤改良費・・・“地盤改良”が必要な場合に発生
  4. 外構工事費・・・庭、フェンスなどの費用
  5. インフラ整備費 ・・・水道管、浄化槽、電線等の整備費用
  6. 諸経費 ・・・交通費、出張費、申請関連などもろもろの経費

 

 

 

坪単価を計算する上での建築価格とは、

一般的に1の住宅建築費のみ。

 

他の2〜6は含まれない場合が多い。

 

 

 

 

つまり、

他の諸費用を含まずに坪数で割るため、

坪単価は当然実質金額より安くなるわけだ。

 

 

 

 

坪単価の相場

インターネットで坪単価の相場と検索すると、いろいろな情報が得られる。

 

一般的な相場として、次のように言われている

・大手ハウスメーカー  65万円~80万円
・工務店        45万円~65万円

 

 

一方、

「標準仕様内では坪28万円~で実現!」や

「フル装備が33万円~でOK!」など、

かなりお得な数字に見えるうたい文句をよく目にするようになった。

 

 

 

実は、
「窓の数量は12個まで」

「延床面積は23坪まで」

「建物形状はこれ一択」

「間取り変更は2回まで」などなど

 

つまり、色々な制限をつけて坪単価を安く見せる場合もあるの注意が必要だ。

 

 

 

結論『一概に坪単価だけでは比較出来ない』

前述のように建築会社によって、価格掲載方法や算出方法が違う

 

つまり、結論としては『一概に坪単価だけで比較は出来ない』ということだ。

 

注意すべきは、単に「坪単価が安いから・・・」と、決めつけないで

 

実質的な数量計算や算出方法を、各建築会社にリサーチする必要がある。

 

 

 

そこんとこよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会4/27-5/6【黒と木の御仁】京都府京田辺市
資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求