Tag: 家ができるまで

現場レポ【大和高田】翼を授けるハイサイド採光

さて今回は「100坪の平家ガレージハウス」の現場レポートの続編だ。覚えていらっしゃるだろうか。まあ、正直言って、着々と、進んでいる。このまっさらだったこの土地に、ちょっとそこまで買い物に出かけた隙にもう家ある。

現場レポ【大和高田】〜上棟とメリクリ〜

平家なのに天井が高い気がするのは気のせいだろうか。いや気のせいではない。王道タイプのお家は、天井高2.4Mだが、この今回のお家は、4.9Mもあるのだ。4.9Mって八村塁でも天井に届かない高さっすよ。(八村塁の採光到達点3.86m)

現場レポ【大和高田】〜職人さんはフォースの使い手〜

スターウォーズが楽しみすぎて夜も眠れない。工事も楽しみすぎて夜しか眠れない。このまっさらな地に、防湿シートが貼られていく。防湿シートを貼るメリットとは??土地からコンクリート基礎に湿気が行くのを防ぐことが出来、シロアリ被害を防ぐ効果もある

現場レポ【モノトーンの四角い家】孤高のクロス工事はじまりました。

クロスも人生も良いものにしたいと思うのは、世の常だと思わないかね?終盤に達した工事に迷言が止まらないウグイス今浦だ。モノトーンの四角い家。ほどばしる進捗をご報告しましょう。前回は外観が完成したところだった

現場レポ【モノトーンの四角い家】あらわになったメリハリボディとコノボリ君のハロウィン

いや〜11月になりましたな。今年のハロウィンはフリーザかリアルジバニャンか迷いに迷ったあげく、リアルジバニャンで仮装をキメた二日越しの余韻がえげつない11月2日の午後。地味ハロウィンとは?ちまたでは地味ハロウィンなるものが、噂になっているらしい。

現場レポ【モノトーンの四角い家】肉付くいい家。

今にも外壁材を貼りそうな感じにまで仕上がった外観。中身はまだまだ筋張ったボディだが、工事は進んでいる。孤高の棟梁自ら施工するフローリング工事。残像しか見えない早技、かつ確実に配線する電気工事。

現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】完成目前クールベイベー

多機能なクールベイベーなリビング。正面には、壁掛けテレビが鎮座する。そして裏には収納を配置したテレビ裏収納というクールベイベーだ。そして気になる右側のクールベイベーは、奥方様が夜な夜な洋装するための、奥方様以外、何人たりとも使用が許されない奥方様専用ミシンカウンターだ。

現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】ついにタイル装着

モエン防水シートを纏い、色白ボディに。水を防ぎ、かつ湿気は通すシートを全身に纏った姿は、まるでパン粉前のフライだ。邸宅感を溢れさせるタイル柄の外壁材。若干の油揚げ感をまとったこの外壁材。どれほどの邸宅感を出してくるのか。

現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】上棟

即日完成する筋張ったボディ。家の形を成した。ご飯3杯はイケるやったった感。昨日までなかったでっかい物体がそびえる。たまらない瞬間だ。

現場レポ【邸宅感あふれるタイルの家】祝☆着工!

閑静な住宅街のとある一角。基礎工事が爆進。赤い線は、家が建つ場所を表していて、これを元に掘削していくわけだ。茶一色で天下統一された邸宅感。高級住宅街にそびえ立っていそうな邸宅感。新しい響が生まれた『邸宅感』茶色な外観がそれを増幅。

1 2 3 4 >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求