大仏建立するよりも耐震基準をあげるべし『耐震等級と耐震補償』

 

 

ユラユラガタガタユラユラガタガタ

今回は地震と耐震についてお話しするぞ

ウグイス今浦です

 

 

地震大国の日本

阪神大震災、東日本大震災、2016年の熊本地震、さらに2018の大阪府北部地震など、何年経っても地震の怖さを我々に教えてくれている。

 

 

2018年には、あまりの自然災害の多さに

ウグイス今浦
ウグイス今浦
今こそ大仏を建立するしかないのでは

大仏待望論がまことしやかに囁かれていたのも記憶に新しい。

 

しかしながら、大仏様を建てるよりも、地震が来ても壊れない家を作るほうが圧倒的に現実的だ。

 

賢い我々の先人は「建築基準法」という基準を作ったのだ。

 

 

「建築基準法」作ってくれてありがとう

1950年建築基準法が制定され耐震基準も設けられた

 

 

当時の基準は実は激弱だったので、それ以後大地震があるたびに

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
やべぇぞやべぇぞ

と見直されてきたのだ。

 

 

そして、新耐震構造基準が1981年に改訂。

 

それから、現在まで新耐震基準の見直しはされておらず、現在も使われている。

 

 

グーフィーはるを
グーフィーはるを
いや、阪神大震災とか、東日本大震災とかでも家がたくさん倒壊したやん。見直したほうがよかったんちゃう??????

と、不安で夜しか眠れないそこのあなたに説明しよう。

 

 

 

調査の結果、倒壊した住宅の特徴として下記の3点が挙げられた。

  1. 現在の耐震基準を満たしていない
  2. 手抜き工事など、不適切な工事
  3. 地盤の崩壊(火災や津波は倒壊した直接の原因でない)

 

 

 

つまり、

新耐震基準を満たした家は壊れていなかった=現在の耐震基準で十分であることが証明されたのだ!

 

 

耐震基準は改訂されなかったが、審査が厳格になったし、現場検査が強化されることになったので、やはり大震災を経て、より安心な住まいへと確実に近づいていることは確かだ。

 

 

つまり、設計通りに正しく工事すれば、

我々は大地震が来ても人命を守れるのだ。マジ感謝。

 

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
ちなみに、あくまで耐震基準は建物の基準のため、強い地盤の土地に建物を建てることも超大事だぞ

 

 

 

 

耐震等級ってなんぞ

そして地震が怖くて朝と夜にしか眠れない諸君も「耐震等級」という言葉を聞いたことがあるだろう。

 

実はこの耐震等級とは、先ほど説明した新耐震基準とは別で、2000年に「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」を基にして制定されたものだ。

 

 

地震が起きたときの倒壊のしにくさや、損傷のしにくさを3段階の等級で表したものになっている。

 

耐震等級1

  • 震度5強程度の地震では損傷せず、震度6強から7の地震では倒壊しない
    震度6強から7程度=東日本大震災、阪神淡路大震災の揺れ
  • 新耐震基準を満たすレベル
  • 建築基準法で耐震等級1が義務付けられている

 

耐震等級2

  • 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
  • 病院や学校等の耐震性能

 

耐震等級3

  • 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
  • 消防署や警察署など防災の拠点となる建物の耐震性能

 

 

 

 

耐震等級を決めるのは

耐震等級のレベルを決めるのは施主様

もちろん当社が耐震についてきちっと説明するので、安心していただきたいが、その過程を踏まえた上で施主さんに等級を選んでいただく。

 

 

耐震等級3にしよう

 

ちなみに、当社はやはり安全性と将来性を加味して考え、耐震等級3をおすすめしている。

 

しかしながら、等級レベルに応じて柱や壁の位置、間取りの自由が制限される場合もあるため、この点は御留意願いたい。

 

そして、お家建てたいマンに絶対お知らせしておきたいのが、

ウグイス今浦
ウグイス今浦

耐震等級適合住宅は等級に応じて地震保険の割引きが受けることができるのだ。

 

さらに、

ウグイス今浦
ウグイス今浦

住宅ローン控除の拡充、節税、住宅ローンの金利の優遇、補助金、売却するときの付加価値などで人気の

長期優良住宅では耐震等級2相当以上の強度が求められている。

 

つまり、耐震等級の高いお家だと、家族を守れるし、結果お得にもなる!ということだ。

 

 

グーフィーはるを
グーフィーはるを
具体的にどうやって強くすんねん!

という不安で朝と昼と夜にしか眠れないあなたに説明するぞ。

 

 

 

耐震性を高める! 壁を強くする

 

まず大事なのが、地震に強い壁=耐力壁を使うことだ。

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
耐力壁は、筋交いの本数を増やすことで、より強い耐震性をもつ。

 

 

耐震性を高める! 床を強くする

地震で床が湾曲することを防ぐためにも床を強くする。

強い床と言われてもあまりピンと来ないかもしれないが、火打ちを用いることで可能になる。

 

火打ちとは、梁、桁(けた)、土台のコーナー部がしっかりと固定されるよう、斜めにかけ渡された補強材のことだ。

 

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
この火打ちも増やすことで床の強度がぐんと上がる

 

 

耐震性を高める! 接合部を強くする

柱と梁を繋ぐ接合部にも耐震に強いものを。

 

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
壁、床を強くしても、その接合部がよわよわだったら、そこから崩れてしまう

 

 

 

 

当社の耐震等級3

 

当社で耐震等級3のお家を建てられた場合、耐震補償もついてくる

建築した家が地震の揺れによって全壊した場合、最高2000万円の建て替え費用を負担するプランをご用意

 

 

 

 

 

まとめ

大仏よりも現在の耐震基準を信用したくなっていただけたことだろう。

 

もちろん、今後も大地震が発生しないに越したことはないものの、大切な家族を守るため万が一のことは想定して家作りをしていきたいものだ。

 

 

 

ちなみにこないだ地震かと思ったら、隣の家のおじいちゃんのくしゃみだったぞ

 

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

TAG:

工事 (68)

間取り (55)

レイアウト (54)

外観 (47)

デザイン (40)

キッチン (37)

奥様必見 (36)

LDK (33)

家ができるまで (32)

リビング (30)

便利機能 (28)

水まわり (23)

収納 (23)

吹き抜け (21)

家事楽 (20)

オーダーメイド (15)

玄関 (14)

キューブハウス (14)

洗面所 (13)

上棟 (13)

子供部屋 (11)

ストリップ階段 (11)

基礎 (11)

中庭 (10)

広さ (10)

ポーチ (10)

夫婦の寝室 (9)

家具 (9)

駐車場 (8)

多目的デスク (8)

完成見学会 (8)

フローリング (8)

外構 (7)

リフォーム (7)

ジョジョ (7)

着工 (6)

家ツアー (5)

基礎工事 (5)

寝室 (4)

費用 (3)

建築用語 (3)

和室 (3)

色 (3)

ウグイス今浦 (3)

内装工事 (3)

棟梁 (3)

外壁工事 (3)

工事の様子 (3)

スキップフロア (2)

ローン (2)

減税 (2)

事務所 (2)

耐震等級 (2)

シューズクローク (2)

畳コーナー (2)

まとめ (2)

無垢 (2)

天井高い (2)

ガルバリウム (2)

巾木 (2)

インタビュー (2)

仕事のスタイル (2)

ラスボス (2)

小上がり (2)

駐輪場 (1)

土地探し (1)

ローコスト (1)

坪単価 (1)

店舗改装 (1)

おもしろ (1)

設計事務所 (1)

パース (1)

トイレ (1)

模型 (1)

地鎮祭 (1)

開放感 (1)

白と茶 (1)

天窓 (1)

省エネ (1)

ガレージ (1)

リビング階段 (1)

リノベーション (1)

自然素材 (1)

漆喰 (1)

珪藻土 (1)

SNS (1)

洗濯 (1)

平屋 (1)

SUP (1)

導線 (1)

現場 (1)

浴室 (1)

クロス貼り (1)

広々空間 (1)

年始 (1)

明けましておめでとうございます (1)

脱衣所 (1)

サンジ (1)

ワンピース (1)

ウォークインクローゼット (1)

トムヤム野坂 (1)

白い家 (1)

コノボリくん (1)

中間検査 (1)

電気工事 (1)

クロス工事 (1)

あたりまえポエム (1)

インスタグラム (1)

セパレート (1)

共有デスク (1)

畳 (1)

多目的スペース (1)

耐震補償 (1)

屋根 (1)

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求