収納と住空間が両立した狭小鉄骨住宅

収納と住空間が両立した狭小鉄骨住宅

大阪市に建つ重量鉄骨3階建ての都市型狭小住宅。 建物間口が4.2mの中で採光を確保しながら4LDKの間取りと収納スペースを考えることが課題でした。平面ボリュームが限られた中で収納スペースを優先にプランニングをすると部屋数が少なくなる為、小屋裏収納を提案しました。普段使うことの少ない物は全て小屋裏へ収納することで、部屋数を確保し、日常使用する小物や衣類等を収めることができる程度の収納スペ-スを確保しました。

  • 所在地      大阪市東成区
  • 敷地面積     54.14㎡
  • 延床面積     108.12㎡
  • 構造       鉄骨造
  • 階数       3階建て
資料請求はこちら

こんな作品も見られています

 
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求