明るさと広がりを感じる都市型狭小住宅

明るさと広がりを感じる都市型狭小住宅

大阪市に建つ都市型狭小住宅。 間口が狭く、奥行きが長いという都市部に多い敷地形状。隣地の建物は近接している為、窓を設けると隣の建物の窓とかぶってしまったり、光が入ってこなかったり・・・。そこで2階のLDKに天井高さ約5.5mの吹抜と天窓を設け、上部から自然光を採り入れました。通常暗くなりがちな、正面から奥まった部屋に明るさと広がりを感じることができる4LDKの都市型住宅となっています。

  • 所在地      大阪市東成区
  • 敷地面積     56.30㎡
  • 延床面積     118.06㎡
  • 構造       木造
  • 工法       木造軸組工法
  • 階数       3階建て
資料請求はこちら

こんな作品も見られています

 
  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求