家づくりを安心して進めるためのポイント

 

まず初めに注文住宅をご希望されるお客様にとって「良い営業マン」とは何か?各お客様によって、良い営業マンの条件は違ってきますが、皆様に共通する事が一つだけございます。

それは何か。。。『お客様の意志が伝わる』と言う事です。例えば、金額交渉をして貰った・知識がある・人当たりが良いなど、お客様にとってメリットある事は当然重要ですが、それらは良くでも担当の営業マンがお客様の要望・希望を理解していないと、トラブルの原因になるのはもちろん、良い家作りは出来ません。また、その逆であっても同じです。

そこで、「家づくりを安心して進めるためのポイント」をお伝えします。ホントに簡単で当たり前の事ですが、担当の営業マンとお話しする際に、お客様との話しを『メモ』を取ってるか??と言う事に気を付けて見て下さい。どんなに優秀な営業マンも、必ずお客様とのお話しはメモをします。紙に書く事により、お客様との会話の中で新たな提案・考案が生まれたりします。

また、お客様ご自身もそのメモを見ながら会話をする事によって、ホントに「求めてるものなのか・・・。」と言う事が見えてきたりします。
その後、メモを改めてお客様と一緒に見直し担当者自身の意見を伝えるのも大事な仕事の一つです。
ただ単に、お客様の要望をそのまま反映させるだけではホントの意味での『良い家作り』は出来ません。意見を言い合い、お客様の意志・要望をしっかりと受け入れ具体化する事が大事です。

最後に、私達が考える「悪い営業マン」のお話しをさせて頂きます。
上記文面でお話しをさせて頂いた点はもちろんですが、基本的に「お客様目線」で会話を出来る営業マンは良いと考えますが、『自分本位でのスケジュール管理』・『打ち合わせ時間の簡素化』・『利益追求型の会話』など、お客様の要望を聞き入れない対応・態度をする事です。

当社では、営業マンは在籍しておりません。ただ、お客様の家作りをサポートする『住宅アドバイザー』は在籍し、基本的に「営業」は行わず、日々お客様と会話に対する提案・考案をトータルプランニングさせて頂いております。
以上、ホントに簡単なお話しになりましたが、是非参考にして頂ければ幸いです。

 

コンフォート建築設計事務所 住宅アドバイザー 今浦

LINEでお友達になりませんか?

LINE@に登録

line

 

友だち追加数