ローコスト住宅をお考えの方へ

一般的にローコストの注文住宅とはどういうものをいうのでしょうか。

 

価格が1,000万円台、坪単価にすると25万円~45万円くらいの注文住宅のことを指します。

 

ここ最近の不況の中で若年層を中心にマイホームの需要が高まっており、それを実現できる建設会社も増え、お金をかけなくても豊かなマイホーム人生を歩める世の中になっているようですね。 今日の記事は、当社が考えるローコスト注文住宅の中身について書きたいと思います。

 

例えば、建築総価格が4000万円と聞けばどのように感じますか?!
価格だけ見ると、けっしてローコストではないと思います。かたや「坪単価35万円」聞けばローコストと感じるのではないでしょうか?!
少し大げさな例えになりますが、住宅の延床面積が114坪だと、坪単価が35万円でも、建築総価格は4000万円になります。

 

一概にローコスト住宅と言っても何を基準に価格比較するかが重要ですね。

 

ローコスト注文住宅は無駄を省いた家のこと

ローコストというと一見、「安かろう、悪かろう」と思われる人も多いと思いますが、 そうではなく、こだわる部分にはしっかりお金をかけて、不必要な部分は省いた「無駄を省いた家」です。

 

1点目に『設備の無駄を省く』

フローリングにこだわりがないのであれば、合板に化粧材を使用したり、施工業者のストック材料を使ったりすることで材料を削減できます。

 

2点目に『家の形状の無駄を省く』

形状の凹凸をなくし、シンプルなキューブ型にすることで、余分な外壁がなくなりコストを削減することが可能です。 数年前は単純な形状の外観はあまり格好よくないと思われていましたが、近年ではシンプルでスタイリッシュなキューブ型の住宅が人気を得ています。

 

3点目に『なるべくオープンな間取りで無駄を省く』

空間を仕切りをなるべく減らすことで、壁、ドアや照明などのコストを抑えることが出来ます。 逆に考えると開放的な大空間にすることは魅力の一つにもなります。 間仕切りを追加できるように設計をしておけば、後にお子様が増えた場合も対応することが出来ます。

 

4点目に『水周りの設備はまとめて無駄を省く』

浴室、トイレ、洗面所など、水まわりをなるべく近くに配置することで給排水の配管が短くなり結果コストを抑えることが出来ます。 しかも浴室、洗面所、洗濯機設置場所などまとめることは家事導線も短くなり奥様にも財布にやさしく一石二鳥というわけです。

 

5点目に『業者間で発生する費用の無駄を省く』

これは当社内部の話ですが、当社では工事業者に依頼せずに、専任の職人さんに工事を依頼し、施工管理は当社が一括で実施しています。そのため中間マージンを省くことができコストを圧縮しています。

 

当社の具体例

例えば、、、当社のある案件を例にすると

 

大工さんが現場近くに宿泊することで毎日の通勤コストの削減。

 

一番のコダワリ部分のLDK以外は、量産で比較的安価な、建具を使用。

 

営業や設計担当スタッフも現場で作業をすることで人件費を削減。

 

お客様のご要望にもありましたが、外壁材を多数の種類を使用しない事により、無駄な余り部分が発生せず材料費が削減。

 

建物形状をキューブ型にする事で、外壁材料の数量を削減。

 

当社のストック材料を使う事による、材料費の削減。

 

以上のようなことを、少しずつお客様と共に考え・考案しながら進めた結果、当初の総予算から約250万円相当のコスト削減を実現しました。

 

 

ローコスト注文住宅を建てる上での注意点

オープンなスペースでは、冷暖房効率が悪いので光熱費が多くかかる傾向があります。

 

その場合は、シーリングファンを設置したり、窓の位置を計算して配置し風を循環させるなどの設計段階でしっかり、設計者に相談しましょう。 木材や断熱材、外壁材などは安いものを利用すると、高いものとの差を数年後に気づくこともあります。

 

安い外壁材は汚れが付着しやすいものもあるため、新築当時はよかったのに、、という事になることも。 断熱材や木材に関しても耐久年数や、他のものとの差など、しっかりデメリットを把握した上で採用することが大事です。

 

 

まとめ

ローコストは『無駄を省いた家』ということを書いてきましたがご理解いただけたでしょうか?

 

建築費用ばかりに目が言ってしまいますが、家を建てるには他にも費用が発生するのも事実です。住宅ローンの諸費用や外構工事・お引越や新たに購入する家具関係なども含めた部分での予算組が大切になります。

 

そんな、限られた予算なので、出来ないことは当然あります。ですがコストを抑えたことによる副作用を設計やアイデアででカバー出来ることもたくさんあります。

 

「どうせ予算がないから大した家は建てれない」なんて思わず、信頼できる建築会社と楽しみながら家づくりをすることが大事であり、もっと言えば、ローコストだろうが高額な家であろうが、ご家族に満足して頂ける良い家を作ることは建築会社の責務です。

 

 

 

 

 

 

家づくりで気になることなら何でもお聞きください!

住宅アドバイザー今浦が、すぐにお答えいたします!


    質問・疑問なんでもどうぞ! (必須)

    よろしければ下のアンケートにお答えください。
    担当:今浦が、より詳細な回答をさせて頂きます。

    年齢 (必須)
    家族構成 (必須) 大人人 子供
    土地は探されていますか? (必須)
    希望のエリア:
    現在のお住まいの状況は? (必須)
    現在の住まいで改善したいことは? (必須)
    建設予定時期は? (必須)
    当社以外の建築会社も検討している?
    お考えのご予算は? (必須)
    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    入力内容に問題なければチェックを入れてください

    LINEでお友達になりませんか?

    LINE@に登録

    line

     

    友だち追加数