どれくらいの地震に耐えれるの?『耐震等級』

20140325-01 2011年の東日本大震災を経て、住宅の耐震性が注目され、耐震対策を施した家が当たり前になっています。   当社でも耐震等級3に適合した住宅をお客様におすすめしておりますが、実際のところどれくらいの地震に耐えれるものなのでしょうか?

耐震等級とは?

2000年に倒壊防止、損傷防止の観点から住宅の品質を高める目的で制定された品格法に基づいた「住宅性能表示制度」という、10分野の住宅の性能を、共通の基準で評価して等級などで表示する制度です。   1~3までランク分けされており、内容は次の通りです。

耐震等級1

  • 震度5強程度の地震では損傷せず、震度6強から7の地震では倒壊しない
  • 建築基準法で耐震等級1が義務付けられている
  • 震度6強から7程度というと東日本大震災、阪神淡路大震災の揺れに相当します

 

耐震等級2

  • 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
  • 病院や学校等の耐震性能

 

耐震等級3

  • 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
  • 消防署や警察署など防災の拠点となる建物の耐震性能

  つまり、阪神淡路大震災の1.5倍の地震でも倒壊しないのが「耐震等級3」になります。   なお、耐震等級適合住宅は等級に応じて地震保険の割引きが受けることができ、長期優良住宅では耐震等級2相当以上の強度が求められます。       20140325-02

2つの大震災を経て、正しく工事すれば人命は守れることがわかった

地震大国日本。どういった経緯で耐震基準が見直されてきたのでしょうか。   昭和25年に建築基準法が制定され、耐震基準も設けられていましたが、その基準は非常に弱く、それ以後大地震があるたびに見直されてきました。   現在では昭和56年に改訂された新耐震構造基準に適合した家であれば十分な耐震性があるといわれています。そして阪神大震災後、東日本大震災後では耐震基準の見直しはされませんでした。   多くの家が失われましたが、調査の結果として倒壊した住宅の特徴として下記の3点が挙げられます。

  1.  現在の耐震基準を満たしていない
  2.  手抜き工事など、不適切な工事
  3.  地盤の崩壊

(火災や津波は倒壊した直接の原因でない)   この結果、現在の耐震基準で十分であることが証明されたわけです。   そのため、耐震基準は改訂されませんでしたが審査が厳格になり現場検査が強化されることになりました。   2つの大震災の不幸な体験から、現在の耐震基準に適合した設計をして、その設計通りに正しく工事すれば、大地震が来ても人命を守れることがわかりました。あくまで耐震基準は建物の基準であ   るため、強い地盤に土地に建物を建てることも大変重要です。   参考リンク:国土交通省『住宅・建築物の耐震化について』

まとめ

現在の耐震基準が信頼できるものであることはお分かり頂けたと思います。   今後、大地震が発生しないことを切に願いますが、そうは言っても、大切な家族を守るため万が一のことは想定しなければなりません。   家づくりにおいて耐震だけ考えれば良いというわけではありませんが、しっかり検討して安全な家を建てましょう。

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

TAG:

工事 (69)

レイアウト (59)

間取り (58)

外観 (50)

デザイン (43)

奥様必見 (41)

キッチン (40)

LDK (36)

リビング (33)

便利機能 (32)

家ができるまで (32)

水まわり (28)

収納 (25)

家事楽 (22)

吹き抜け (21)

オーダーメイド (16)

玄関 (15)

洗面所 (15)

上棟 (14)

キューブハウス (14)

中庭 (12)

子供部屋 (12)

夫婦の寝室 (11)

ストリップ階段 (11)

基礎 (11)

広さ (10)

ポーチ (10)

ジョジョ (10)

駐車場 (9)

多目的デスク (9)

家具 (9)

家ツアー (9)

外構 (8)

完成見学会 (8)

リフォーム (8)

フローリング (8)

基礎工事 (7)

寝室 (6)

着工 (6)

和室 (4)

費用 (3)

建築用語 (3)

色 (3)

シューズクローク (3)

ウグイス今浦 (3)

内装工事 (3)

棟梁 (3)

外壁工事 (3)

工事の様子 (3)

スキップフロア (2)

ローン (2)

減税 (2)

事務所 (2)

耐震等級 (2)

トイレ (2)

畳コーナー (2)

まとめ (2)

無垢 (2)

天井高い (2)

ガルバリウム (2)

巾木 (2)

インタビュー (2)

仕事のスタイル (2)

ラスボス (2)

小上がり (2)

設備工事 (2)

駐輪場 (1)

土地探し (1)

ローコスト (1)

坪単価 (1)

店舗改装 (1)

おもしろ (1)

設計事務所 (1)

パース (1)

模型 (1)

地鎮祭 (1)

開放感 (1)

白と茶 (1)

天窓 (1)

省エネ (1)

ガレージ (1)

リビング階段 (1)

リノベーション (1)

自然素材 (1)

漆喰 (1)

珪藻土 (1)

SNS (1)

洗濯 (1)

平屋 (1)

SUP (1)

導線 (1)

現場 (1)

浴室 (1)

クロス貼り (1)

広々空間 (1)

年始 (1)

明けましておめでとうございます (1)

脱衣所 (1)

サンジ (1)

ワンピース (1)

トムヤム野坂 (1)

白い家 (1)

コノボリくん (1)

中間検査 (1)

電気工事 (1)

クロス工事 (1)

あたりまえポエム (1)

インスタグラム (1)

セパレート (1)

共有デスク (1)

畳 (1)

多目的スペース (1)

耐震補償 (1)

屋根 (1)

プライバシー (1)

高気密住宅 (1)

高断熱住宅 (1)

ビルドインガレージ (1)

ガレージハウス (1)

ランドリールーム (1)

ファミリークローゼット (1)

2ボウル洗面台 (1)

部屋干し (1)

L型キッチン (1)

理想のベッド (1)

テレワーク (1)

ワークスペース (1)

水槽 (1)

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求