テレワークに最適なワークスペースを自宅リフォームで実現する3つのパターン

テレワーク。テレフォーンワークの略ではなく、
「tele = 離れた所」と「work = 働く」を合わせた造語だと、一年後に知ったウグイス今浦だ。

 

 

人生の三分の一の時間を費やす仕事。そして、コロナ渦で一気に加速したテレワーク。

シンジ
シンジ
僕がもう、出社しなくてもいいように綾波が頑張ってくれたのか!?最高!!

と、テレワークを始めた頃は喜んでいたが、気付いたら、

 

シンジ
シンジ
うわっ…僕の仕事効率、低すぎッ…???

僕がいてもいなくても、誰も同じなんだ。何も変わらない…

とヘコみはじめていないだろうか?

 

 

リフォームにも詳しいエヴァ好きウグイス今浦がそんなチミたちに、

“テレワークに最適なワークスペースを用意する”

ことの必要性について説いていこう。

 

こんな事に悩んでいる人におすすめ

  • 仕事効率が落ちた気がする
  • 家事をしながら働かなくてはいけない
  • オンとオフの切替をしたい
  • 家族がいて集中できない
  • 仕事部屋が欲しい

 

3つのテレワーク勝ちパターン

いざテレワークが始まると、

仕事が進まなかったり、やる気が出なかったり、想定と違う!!

という人も多いだろう。

 

 

アスカ
アスカ
同僚はテレワークになって昇進したのに…

何も……何も出来なかったなんて。あのバカシンジに負けたなんて……悔しい

というそこのチミたちに思い出して欲しい。

 

そもそも、こういうことである。

職場は仕事をするための場所、
家はくつろぐための場所

 

つまりくつろぐための家で、テレワークなんて、

シンジ
シンジ
そんな・・・!できっこないよ!こんなの働ける訳無いよっ!

ということだ。

 

 

だから、仕事をするという目的が一致しているため、みんなが働きやすい環境だった職場と異なり、各々のプライベートのライフスタイルに合わせて選んだ家では、

仕事の効率に差が出てきてしまうのは当たり前なのである。

 

だからこそ、

各々が「自分に最適化したワークスペースを用意すること」がテレワークで優勝するためには必須

であるのだ!

 

一言でワークスペースを準備しようといっても、それぞれのお家の事情、間取り、ライフスタイルによって、できることも様々だろう

 

そこで今回は、3つの勝ちパターンに分けて実例を見ていく。

  • リビングにワークスペース
  • 共有部にワークスペース
  • 個室のワークスペース

 

様々な生活パターンに合わせた実例を紹介しちゃうぞ

サービス、サービスゥ♪

 

1.リビングにワークスペースでテレワーク

後から仕事スペースを確保する場合は、

リビングに多目的デスクを設置するケース

が最も手取り早い。

 

このタイプは手軽なだけでなく、小さいお子様が小学生になり「リビング学習」することも可能になるので、テレワーク以外の働き方に移行しても活用できるのが嬉しい

 

メリット

  • 新たなスペースを確保する必要がない
  • 家事でも活躍する
  • 家事と同時並行に仕事ができる

デメリット

  • 集中しづらい
  • ON/OFFを切り替えにくい
  • ビデオ会議は家族がいると難しい

こんな人向け

  • お子様が小さく目が離せない方
  • 生活音がある方が集中できる方
  • 仕事以外にも家事スペースとして使いたい方
  • 個室を設ける土地がない方

 

事例1

キッチンの真横に家族が使えるデスクを設置した。

 

仕事をすることはもちろん、お子様の勉強などに使われている。このコロナ禍で大活躍したに違いない。

 

『書斎あるある』が解決される。

  • 将来使わなくなる
  • 土地が必要
  • コミュニケーションの減少

某エヴァの某親子のようなギクシャクした親子関係が怖い方はリビングにワークスペースを作るのも一つの手かもしれない。

 

事例2

カヲル
カヲル
僕は君に会うために生まれてきたのかもしれない…

 

テレワークの最適解という感じがすごい多目的デスク。天窓から光が降り注ぐ。仕事するにも寛ぐのにも最高だ。

キッチンからも近いので、仕事をしながら食事をとるときにも移動が最小限で済むのも最高だ。

 

事例3

一見はシンプルに幸せ溢れるリビング。ベビーベッドの左側に、

仕事や作業、なんでもすることができる備え付けデスクがある。

 

こんな家族に囲まれながら仕事できるなんて…

レイ
レイ
仕事しながら家族と一緒にいるとぽかぽかする…

 

ごちゃごちゃしがちなデスクスペースも、備え付けのシェルフにすっきりと片付いている。デスク周りで一番邪魔なものナンバーワンのプリンターもすっきり隠すことができるわけだ。

 

 

2.共有部のワークスペース

次に紹介するのは、

自宅の共有スペースにワークスペースを作るケースだ。

後から仕事スペースを確保する場合は、

 

リビングはそもそもくつろぐ場所なので、そこで仕事をすることに抵抗がある人も多いかもしれない。でも、だからといって、わざわざテレワークのために一部屋使うのはちょっと…という人におすすめだ。

 

メリット

  • 過ごし方次第ではON/OFF切り替えられる
  • 家族と顔を合わす機会が増える
  • リビングの家族に気を使わずに済む
  • 家事でも活躍する

デメリット

  • 生活音が気になる
  • ビデオ会議をする際には家族の協力がいる
  • 家族と一緒に使う場合はスペースの譲り合いが必要

こんな人向け

  • 家族が各々仕事や勉強をする場合
  • 生活音がある方が集中できる方
  • 仕事以外にも家事スペースとして使いたい方

 

事例1

2Fの廊下にある共有デスク

 

気分転換に部屋から出たら先に家族が使っていて、

シンジ
シンジ
ここにいたの、カヲル君…

と言いたくなることもあるかもしれない。

 

 

そうなったら、新劇場版Qでのピアノ連弾のような息のあったテレワークで仕事効率も上がることだろう。

 

 

事例2

階段を上がった共用スペースに設置するケース。

右側はカウンターだ。荷物を置いてもヨシ。仕事してもヨシ

 

家族の触れ合いが多い家庭は

シンジ
シンジ
僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!

と思える機会も増え、自己肯定感爆高キッズに育つ可能性も上がるだろう。

自己肯定感は高いほうがいいということを我々は某エヴァの少年で再三学んだ。

 

 

そして、左手には、

こちらにもデスクがもれなく完備。見えない収納もあってテレワークにもってこいのワークスペースだ。

 

事例3

キュートでクレバーな共有デスク

目の前には吹き抜けという開放感をしとどに感じる一品だ。

 

横幅は狭いが、目の前は開放感があるので、

狭い方が集中できる派閥
開放感がある方がリラックスできて集中できる派閥両方の要望を叶えられる。

 

事例4

リビングから寝室へいく通路を活用しているデスク

このスペースは目線の高さの窓から中庭の見える設計になっており、仕事が疲れたときもリフレッシュできるわけだ。

 

ご覧のとおり、家事もこなせる導線なので、

家事と仕事の両立がたいへんな奥様のためスペースとしても活用しやすい。

 

3.完全個室のデスクスペース

完全個室のワークスペースをつくるケース

アスカ
アスカ
家族がいる場所でなんて集中できない…

こんなに集中できないなんて…もう私の価値なんて無くなったの、どこにも…

なんていうガラスのように繊細な心のチミたちも安心してくれ。

それが普通だ。

日本人の心情は、察しと思いやりだから。気を遣ってしょうがない。

 

マリ
マリ
このままじゃ勝てないな。部屋作っちゃお!

 

メリット

  • 気持ちのON/OFFを切り替えやすい
  • ビデオ会議もしやすい
  • 家族に気を使わない

デメリット

  • 家族間のコミュニケーションが減る
  • 新たなスペースが必要となる
  • 集中しすぎて休憩時間が取りづらい

こんな人向け

  • ビデオ会議が多い人
  • 生活音があると集中できない人
  • お子様が近くにいると仕事がしづらい人

 

事例1

ガレージ横に旦那様専用の仕事部屋。

大好きな愛車を見つめながらお仕事することが可能だ。

 

デスクをコの字形に配置して趣味のものも近くに好きなだけ置けるのが完全個室の特権。仕事が終わったら体を90度回転するだけで趣味を楽しめる。

 

完全個室なので、壁も、室温も音楽も全部自分の好み。

自分が仕事をしやすい最適な環境を整えることができる。

 

 

事例2

こちらもお家で仕事される旦那様のために、作られた書斎だ。

長ーいデスクは壁から壁まであるので、作業の効率がかなり上がる。手の届く範囲に仕事道具も本もおいてあるので、無駄な移動が必要ないのも素敵ポイント。

 

一般的に仕事部屋は、3畳ほどあれば完成するのだがこちらは6畳。将来的に子供部屋としても活用できるようにした賢い設計だ。

 

『書斎あるある』の三畳しかなくて仕事意外に使い道がないので気付いたら物置が爆誕という事案も防げる。

 

リフォームしたいけど予算が不安という方へ

シンジ
シンジ
僕だってリビングでやりたくてやってるわけじゃないのに……

と拗ねたくなりそうなテレワークピーポーもいったん落ち着いて知っておいて欲しいことがある。

在宅勤務のためのリフォームに
補助金がもらえる可能性がある

 

 

国土交通省がこう言っている。

2021年度に在宅勤務用の自宅リフォーム費用を補助する制度の創設を目指すとしており、戸建てとマンションともに対象に100万円を補助の上限(補助率1/3)の在宅勤務用の自宅リフォーム費用の補助を検討

 

増築・防音対策・間仕切り設置などのリフォームが補助の対象になる予定なので、テレワーク集中できないマンはリフォームを考えてみてもいいかもしれない。

 

カヲル
カヲル
希望は残っているよ、どんな時にもね…

 

まとめ

  • 仕事の効率が悪いのは能力じゃなくてワークスペースの問題かも
  • 自分に合ったワークスペースを確保することがテレワーク優勝の鍵
  • 手軽にできるものからリフォームをするものまでワークスペースの作り方は様々
  • エヴァを観にいけ

 

働いてるみんなの就業環境は大きく変わったが、家をテレワーク中の味方につけて頑張ろう!

待ちに待った『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』はついに3/9公開!はやく……はやく……!!

 

 

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

TAG:

工事 (68)

間取り (58)

レイアウト (57)

外観 (50)

デザイン (43)

奥様必見 (39)

キッチン (39)

LDK (36)

リビング (33)

便利機能 (32)

家ができるまで (32)

水まわり (25)

収納 (25)

家事楽 (21)

吹き抜け (21)

オーダーメイド (16)

玄関 (15)

洗面所 (14)

上棟 (14)

キューブハウス (14)

中庭 (12)

子供部屋 (12)

夫婦の寝室 (11)

ストリップ階段 (11)

基礎 (11)

広さ (10)

ポーチ (10)

ジョジョ (10)

駐車場 (9)

多目的デスク (9)

家具 (9)

家ツアー (9)

外構 (8)

完成見学会 (8)

リフォーム (8)

フローリング (8)

基礎工事 (7)

寝室 (6)

着工 (6)

和室 (4)

費用 (3)

建築用語 (3)

色 (3)

シューズクローク (3)

ウグイス今浦 (3)

内装工事 (3)

棟梁 (3)

外壁工事 (3)

工事の様子 (3)

スキップフロア (2)

ローン (2)

減税 (2)

事務所 (2)

耐震等級 (2)

畳コーナー (2)

まとめ (2)

無垢 (2)

天井高い (2)

ガルバリウム (2)

巾木 (2)

インタビュー (2)

仕事のスタイル (2)

ラスボス (2)

小上がり (2)

設備工事 (2)

駐輪場 (1)

土地探し (1)

ローコスト (1)

坪単価 (1)

店舗改装 (1)

おもしろ (1)

設計事務所 (1)

パース (1)

トイレ (1)

模型 (1)

地鎮祭 (1)

開放感 (1)

白と茶 (1)

天窓 (1)

省エネ (1)

ガレージ (1)

リビング階段 (1)

リノベーション (1)

自然素材 (1)

漆喰 (1)

珪藻土 (1)

SNS (1)

洗濯 (1)

平屋 (1)

SUP (1)

導線 (1)

現場 (1)

浴室 (1)

クロス貼り (1)

広々空間 (1)

年始 (1)

明けましておめでとうございます (1)

脱衣所 (1)

サンジ (1)

ワンピース (1)

ウォークインクローゼット (1)

トムヤム野坂 (1)

白い家 (1)

コノボリくん (1)

中間検査 (1)

電気工事 (1)

クロス工事 (1)

あたりまえポエム (1)

インスタグラム (1)

セパレート (1)

共有デスク (1)

畳 (1)

多目的スペース (1)

耐震補償 (1)

屋根 (1)

プライバシー (1)

高気密住宅 (1)

高断熱住宅 (1)

ビルドインガレージ (1)

ガレージハウス (1)

ランドリールーム (1)

ファミリークローゼット (1)

2ボウル洗面台 (1)

部屋干し (1)

L型キッチン (1)

理想のベッド (1)

テレワーク (1)

ワークスペース (1)

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求