和室?畳コーナー?小上がり?和室の広さと用途を検討してみる

肩固かったから買った畳の肩叩き機肩叩きにくかったかたかたかったからかったたたみのかたたたききかたたたきにくかったカタカタカッタカラカッタタタミノカタタタキキカタタタキニクカッタごきげんよう、ウグイス今浦だ。

 

 

今日のテーマは、21世紀最大の悩み

『和室は本当に必要なのか!?』

 

これだ。

 

 

全日本人「畳」と言われれば難なくその様子をイメージできる。

なら、全日本人のお宅に畳や和室があると言われれば、そうでもない気もしないでもない。

 

和室は家に要るのかい?要らないのかい?

どっちないんだいッ

 

 

和室の現在の需要ってどんなもんよ?

 

昭和の半ばに現れたフローリング。

現在はそれが主流になっている世知辛いご時世だ。

 

 

以前までは和室=客間として扱うことが多かったが、

 

正直今のご時世で客間を使うことって年に何回あるのやら…

 

 

それならみんなの家に

 

和室が要るのかい?要らないのかい?

どっちないんだいッ

 

 

 

出典:http://www.aqura.co.jp

 

思い切って、同業他社であるアキュラホーム様の情報を引用するという男らしさ。

アキュラホーム様ありがとうございます!

 

なんと、7割が和室または畳コーナーあり。しかも増加傾向。

 

ウグイス今浦
ウグイス今浦
ぼくの家にもあるで!

 

増加傾向ではあるが、畳の面積は年々狭くなっている。

 

すなわち、個室の和室ではなく、リビングの一角が畳となっているいわゆる畳コーナーとして畳が使われることがメインになっているようだ。

 

 

予想するに、

客間としての和室はいらんが、畳の感じはやっぱ欲しい!

というのが日本人がいたった結論なのかもしれない。

 

 

では、今回は最近のナウい畳の使い方を考えていこう

 

いままでの和室の用途

まず和室って、いままで何のために使われてきたのか考えてみる。

 

 

両親やお客さんが来たときに

ぱっと思いつく和室の使い方第1位。

来客時のみ布団を敷いて、普段は布団を押し入れにしまっておけばいい。

 

思い返せば、人の家に泊まりにいくと、だいたい和室で寝たような気がする。

 

 

もし、和室がなかったら、

リビングに布団をしきゃあいい。

 

来客のときを想定するというが、毎日毎日くるものでもない。

その時のことを考えるよりも普段の生活で利用する空間を優先させるのも選択肢の一つだ。

 

 

 

仏壇、法事

こういったお家の事情によっては、和室が必須になることもあるだろう。

 

坊がフローリングでお経を読む姿は想像できない。

 

出典:http://www.mosyu.net

 

もし、和室がなかったら、

必ずしも和室で法事を行う必要もなく、

仏具も和室に置かなくてはいけないという決まりはない。

 

つまりフローリングのリビングでお経が聞こえてもなんの問題もない

 

 

 

受け身の練習

元柔道部でなくても、やりたくなるのが人ってもんだ。

 

出典:https://bokete.jp

 

もし、和室がなかったら、

知り合いの家の和室で受け身をしよう。

 

それくらいの頻度で我慢できるだろう。

 

 

 

畳返し

忍者に手裏剣で襲われた時に、身を守る有効な手段だ。日々の練習が欠かせない。

 

出典:https://www.c-ongaku.com

 

もし、和室がなかったら、

我慢しよう。

 

 

つまりこのような今までの使い方なら

「和室要らなくない???」

となってしまうわけだ。

 

それでも欲しいのが畳ってもん

 

では和室はいらないけど畳が必要っていう

場面はいったいいつなのだろう

 

 

それはずばり

 

ゴロゴロする

あのゴロゴロしたくなる衝動はいったいなんなのか。

 

畳には不思議な魅力がある。止められなければ2、3年はゴロゴロできる。

 

 

イグサには空気を浄化する効果があるのをご存知だろうか

フィトンチッドという成分に消臭、リラックス効果も。

 

つまりこの空間にいるだけで、

お風呂に入らなかったきちゃない体も綺麗さっぱり浄化されるのだ。

(それは嘘)

 

 

もし、畳がなかったら、

 

死んでしまう。もう一度いう。

死んでしまう

※あくまで個人の見解です。

 

 

そんなあなたにLDKの畳コーナー

畳がないと死んでしまうあなたにぴったりなのが、

 

リビングの隣の多目的畳コーナー

これを設置することでゴロゴロはできるし

洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりできる家事コーナーに早変わり

 

 

畳の広さと用途の違い

 

もちろん広ければ広い方がいいだろうが、先ほども述べたとおり、

昨今はコンパクトなスペースが流行っている。

 

2畳分の広さがあれば、大きく雰囲気が変わるかつ多目的に使用できる。

 

 

2畳

子供が昼寝するのにぴったりかつ洗濯を畳むのにも問題ないサイズだ

 

 

3畳

一組の布団をひくことができ、来客にもバッチリ対応することができる

 

 

4畳

ゆったりとした畳コーナーが出来上がる。子供が寝ている横で家事も可能なサイズだ

 

 

4.5畳

2組の布団を引くことが可能になる

 

 

4.5畳以上

LDK横の和室コーナーにしてはかなり広く、独立した和室を作ることができる。

 

 

LDKにおすすめ琉球畳

縁のない畳で、半畳サイズが一般的サイズとなっている。

 

LDKに敷くならカラー畳が相性バッチリだ。

 

クリーム色×ピンク色の組み合わせも可愛い

 

琉球畳を使うことでフローリングとの組み合わせも無限大になる

 

 

次回は施工例

次回のブログでは、和室や畳コーナーの施工例を紹介するゾ。

 

和室が要るのかい?要らないのかい?

どっちないんだいッ

 

 

 

小上がりで小躍りする小太り

続きを読む

当社の施工例でみる、畳コーナー、小上がりのメリット

資料請求はこちら
友だち追加数

家ツアー

過去のブログ一覧はこちら >

資料請求はこちら

TAG:

工事 (69)

レイアウト (59)

間取り (58)

外観 (50)

デザイン (43)

奥様必見 (41)

キッチン (40)

LDK (36)

リビング (33)

便利機能 (32)

家ができるまで (32)

水まわり (28)

収納 (25)

家事楽 (22)

吹き抜け (21)

オーダーメイド (16)

玄関 (15)

洗面所 (15)

上棟 (14)

キューブハウス (14)

中庭 (12)

子供部屋 (12)

夫婦の寝室 (11)

ストリップ階段 (11)

基礎 (11)

広さ (10)

ポーチ (10)

ジョジョ (10)

駐車場 (9)

多目的デスク (9)

家具 (9)

家ツアー (9)

外構 (8)

完成見学会 (8)

リフォーム (8)

フローリング (8)

基礎工事 (7)

寝室 (6)

着工 (6)

和室 (4)

費用 (3)

建築用語 (3)

色 (3)

シューズクローク (3)

ウグイス今浦 (3)

内装工事 (3)

棟梁 (3)

外壁工事 (3)

工事の様子 (3)

スキップフロア (2)

ローン (2)

減税 (2)

事務所 (2)

耐震等級 (2)

トイレ (2)

畳コーナー (2)

まとめ (2)

無垢 (2)

天井高い (2)

ガルバリウム (2)

巾木 (2)

インタビュー (2)

仕事のスタイル (2)

ラスボス (2)

小上がり (2)

設備工事 (2)

駐輪場 (1)

土地探し (1)

ローコスト (1)

坪単価 (1)

店舗改装 (1)

おもしろ (1)

設計事務所 (1)

パース (1)

模型 (1)

地鎮祭 (1)

開放感 (1)

白と茶 (1)

天窓 (1)

省エネ (1)

ガレージ (1)

リビング階段 (1)

リノベーション (1)

自然素材 (1)

漆喰 (1)

珪藻土 (1)

SNS (1)

洗濯 (1)

平屋 (1)

SUP (1)

導線 (1)

現場 (1)

浴室 (1)

クロス貼り (1)

広々空間 (1)

年始 (1)

明けましておめでとうございます (1)

脱衣所 (1)

サンジ (1)

ワンピース (1)

トムヤム野坂 (1)

白い家 (1)

コノボリくん (1)

中間検査 (1)

電気工事 (1)

クロス工事 (1)

あたりまえポエム (1)

インスタグラム (1)

セパレート (1)

共有デスク (1)

畳 (1)

多目的スペース (1)

耐震補償 (1)

屋根 (1)

プライバシー (1)

高気密住宅 (1)

高断熱住宅 (1)

ビルドインガレージ (1)

ガレージハウス (1)

ランドリールーム (1)

ファミリークローゼット (1)

2ボウル洗面台 (1)

部屋干し (1)

L型キッチン (1)

理想のベッド (1)

テレワーク (1)

ワークスペース (1)

水槽 (1)

過去のブログ一覧はこちら >

  • FAQ
  • 施工事例
  • facebook
  • line@始めました
  • 建築のご相談・見学
  • 資料請求